JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

東京都千代田区長選挙で小池都知事支援候補がトリプルスコアで圧勝!

2017年2月5日(日)

東京都千代田区・区長選挙で、小池都知事が積極的に支援した
現職が、自民党が立てた新人をトリプル超スコアで圧勝した。

当ブログで 前にも書いたが、都議選で小池与党が圧勝するのは、
揺るがないだろう。

民進党からは、小池与党に鞍替えするために離党者も続いている
ようで、民進党としては離党者を阻止するためにも 丸ごと与党化
しようとしているようだが、小池都知事に袖にされたようだ!

前回の都議選で躍進した日本共産党が、この小池旋風を如何に
かいくぐって議席を維持するかが大きな注目点である。


‪クローズアップ2017:
千代田区長選 小池氏「夏」へ着々 -
毎日新聞
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20170206/ddm/002/010/064000c‬
201702082045189ec.jpg


小池都知事が民進フッた…都議選での連携考えてない
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1774265.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp
@nikkansportsさんから
20170208204518aa9.jpg




***********************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

スポンサーサイト

テーマ:小池百合子 - ジャンル:政治・経済

北九州市議選で日本共産党候補全員当選! 維新は全員落選(快挙!笑)

2017年1月30日(月)

 短かった選挙戦の期間を終えて、1月29日に投開票を迎えた北九州市議選挙。

 自民党は、前回より3議席失い 18議席へ、
 日本維新の会は、全員落選で現有3議席を失い議席ゼロに!
 『快挙!』 維新のメッキも全て剥がれ落ちた感じである。
 北九州市民は、もう騙されてはいない!

170130_072555.jpg


 一方で、日本共産党は立候補者全員が当選し10議席へ前進(1議席増!)
共産党は、定数減・投票率減の中で、得票率・得票数とも増やしたと云う。
議席占有率は全国でも上位クラスで、17.5%と過去最高となったとのこと。

Kitakyushu-Shigisen_JCP-Result.jpg

 民進党が7議席にとどまり、議席増が成らなかったので、衆議院福岡県9区・10区
の野党統一の候補者調整で日本共産党が一歩前に出た可能性がある。
 この点について、西日本新聞の記事でも以下のように書いている。 

 共産は改選前に議席のなかった八幡東区で新人が当選し、10議席に伸ばした。次期衆院選で野党共闘を協議している民進に差をつけた形になり、衆院福岡9、10区の候補者一本化調整に影響を与える可能性がある。



 八幡西区から立候補した市民派候補・村上聡子さんは、当選を果たした!
村上さんは、市民連合の会議や「みなせん」の会合で度々発言されていた。
もちろん原発再稼働に反対し、安倍政権打倒を目指す立場の方である。

Kitakyushu-Shigisen_MurakamiSatoko.jpg


 西日本新聞に依れば、投票率は過去最低レベルの 39.20 %
Nishinippon_201701280001_TohyorituSuii_1965-2013.jpg


以下、西日本新聞の記事より

北九州市議選  自民2減 維新全7候補落選
 民進維持 共産1増 衆院選共闘影響も

 西日本新聞 - 2017年01月30日 06時00分

170130_063808.jpg
170130_063834.jpg

 西日本新聞による市議選全立候補者の得票と当落は 【ここをクリック】 
  (但し、長期間は掲載されないと思いますので必要な方は記事のコピーを)
 
170130_125811.jpg



**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

民進党の野田幹事長の政治感覚は如何に! 但しマスメディアの野党分断工作には注意‼︎

2017年1月20日(金)

日本共産党第27回党大会が終了し、いよいよ いつ有ってもおかしくない
衆議院選挙(解散総選挙)に 向けて本格的な野党共闘が求められる政治状況と
なってきた。

野党共闘については、民進党の蓮舫代表が北九州での『ぶら下がり会見』で
積極的な発言をしたが、マスコミは政権構想についての部分だけ切り取って
野党共闘が困難なように表現した。

再投稿:2017年1月15日民進党代表蓮舫さんが答えた
    北九州での『ぶら下がり記者会見』での発言
「安倍政権を倒すこと。ここにまず一番力を注ぐ。そのための
 4野党の国会内外での出来る限りの協力はこれまで以上に
 進めていく時だと思っている。」と云う部分は全く報道せず、...

日本共産党大会には、民進党の安曇代表代行も民進党を代表して責任のある
発言をしており、その挨拶でも野党共闘を積極的に希求する方向だった。

民進党の安曇代表代行の挨拶から :

 わが党と日本共産党の間には、今なお考え方に隔たりのある政策があることは事実です。安全保障、エネルギー、社会保障と負担のあり方などです。完全に一致することは難しいかもしれませんが、一つひとつのテーマについて両党が真摯(しんし)に話し合い、その考えを尊重しあえば、一定の幅のなかにこれらの政策を寄せあうことは可能だと私は確信しています。

 その先に、候補者の一本化など国民が納得する選挙協力の形が見えてくると思います。

 私は本日、わが党を代表して日本共産党大会に参加させていただきました。この舞台に立っていることに歴史的使命を感じています。

 多くの国民は、強者の論理を振りかざし、右傾化の流れを強め、立憲主義を無視する安倍政権に代わり、弱い立場の人に寄りそい共に助けあう、もう一つの政治勢力が結集することを強く望んでいるのではないでしょうか。

 わが党は、昨年5月の党首会談や、年末の書記局長・幹事長会談での合意にもとづき、来たるべき選挙で、できる限りでの協力を行うための話し合いを、積極的かつ具体的に加速することをここでお約束申し上げます。

 違いをことさらに強調するのではなく、大局観に立って一致できる点を見いだすこと、その度量と決意で共通の敵に立ち向かうとき初めて、今の政治を動かすことができるのではないでしょうか。一緒になって、市民とともに政治を変えていく運動に立ちあがろうではありませんか。



しかし、民進党の野田幹事長の発言は、そう言う野党共闘の推進に対して
腰が引けているようにも見える。

民進党の facebook サイトを見てみたら、その野田幹事長の記者会見は
掲載されていなかった。

両院議員総会で野田幹事長は、

 選挙対策については、「早期の衆院解散・総選挙の可能性が消えたわけではない。われわれも、ゆめゆめ準備をおろそかにしてはならない。空白を埋め、他の野党とできる限りの協力を進め、いざ解散の時には万全の態勢で対応できるようにしていく」「国会対策と選挙対策の2正面作戦でいく。国会論戦が主たる活動だが、地元活動もおろそかにしないよう、車の両輪として2つの活動を両立させていただきたい」と述べた。

と述べたとのこと。


野田興味「野党」より「百合子」共闘
http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1767639.html
2017年1月20日(金) @nikkansportsさんから



**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





続きを読む

テーマ:民進党 - ジャンル:政治・経済

『あけおめ解散』(年初解散) はあるのか!?

2017年1月3日(火)

 こちらは日刊スポーツの大きな記事!

1月1日の当ブログで、自由党の小沢一郎氏の新年会での挨拶を
紹介したが、その中で小沢一郎氏は、解散は秋以降の可能性が
高いが、議席を目指す者は一刻とも気を抜かずに解散に備えよ!
と発言している。

また、政権を目指さない者は政治家では無いとして、
政権獲得の覇気がなく腰が引けている民進党 に喝を入れていた。

この日刊スポーツの記事は、今なお年初解散は有り得るとの立場!

2017010319275804d.jpg

今日の日刊スポーツでは、次の記事も注目に値する!

流されるな、バカになれ 高橋源一郎氏が時代へ警鐘
日刊スポーツ ー [2017年1月3日8時48分 紙面から]

TL LINEで送る
 昨年2016年は「非寛容」が拡大した年だった。欧米では移民、難民排斥の動きが強まり、国内では弱者が襲われる事件や貧困たたきが起こった。トランプ政権が始動する2017年、ヨーロッパでは独仏などで総選挙、大統領選が行われ、極右政党の大躍進が予想されている。攻撃する政治家に支持が集まり、はけ口が弱者に向く時代。「丘の上のバカ ぼくらの民主主義なんだぜ2」を出した作家で明治学院大教授の高橋源一郎さん(66)に聞いた。

 -真珠湾を訪問した安倍首相が「寛容の心を世界は今こそ必要としている」とか「寛容」を7回も使いました。「鐘の音がうるさい」と声を上げる人が現れて除夜の鐘をやめる寺が出たり「非寛容」が広がっています。

 街を歩けばホームレスを排除する目的で作った「排除アート」が増え、ネットでは生活保護たたき、貧困たたき。「友愛」とか「新しい公共」とか「東アジア共同体」とか、美しい言葉を使った民主党政権がものの見事にこけて、バックラッシュ(反動)のように本音主義になりました。他人には非寛容で、きれいごとを言うなというような。この国、この社会が貧しくなってきて余裕がなくなってきたからだと思います。

 豊かで余裕があれば、人に文句をつける気分にもならないけど、鬱屈(うっくつ)していると、はけ口が必要になる。攻撃相手を見つける。自分が不安を抱えているのも、うまくいかないのも、誰かのせいと思った方がすっきりするから、日本だけでなく、米国もヨーロッパも人を攻撃する政治家に支持が集まっています。一番分かりやすい政治的プロパガンダは昔から人々の不満のはけ口を見つけることです。トランプとかルペンとか、ポピュリストと呼ばれる人の格好の攻撃対象がイスラム教徒や難民、移民なんですね。

 -グローバリズムによる格差の拡大が原因でしょうか。

 大きいでしょう。グローバリズムは人の移動も自由にしました。その結果、移民も増えた。移民が増えたことと格差が拡大したのが一緒だったから、そのせいかと思い込む。その複雑な真の原因は見えないから、目に見えるものだけに反応して、あいつらのせいだと。攻撃的な部分は誰しも持っています。でもそういうことを口にするのは恥ずかしいことだと、折り合いをつけながら生きてきたのに、ネットの発達でそういうことが言える場所ができた。しかも「いいね」と褒められる。人々はネガティブな部分やダークな部分を抑えて生きてきたのに、ネットがそれを解放しました。貧困女子高生たたきに何万単位の「いいね」がつく。言っていいどころか、そうだよねって相互承認し合っています。

 -事実確認しないで「女子高生の部屋にはエアコンがある」とか、「POST TRUTH(ポストトゥルース)」が「ワード・オブ・ザ・イヤー(今年の単語)」になりました。

 真実ではないものを、さも真実であるかのごとく、攻撃するのに便利な道具としてのトゥルースをつくる。そのことに喜びを感じる人たちがいる。まず最初に攻撃ありきなんです。僕たちは確かな情報を得ることによって偏見やデマから自由になるはずだった。なのに、逆に高度なデマがどんどん生産されている。関東大震災のときの朝鮮人虐殺のデマと同じことをネットでやっている。怖いですよね。

 -そんな時代、私たちはどうしたらいいんですか。

 この世界に流されないことです。本のタイトルにした「丘の上のバカ」はビートルズの「フール・オン・ザ・ヒル」に由来します。ポール・マッカートニーの曲で「丘の上のバカ」はガリレオ・ガリレイのことだと言われています。丘の上でひとり、ぼんやり空を見つめている。人々はみんなバカだというけれど、実は彼はひとりだけ真理を見つけていたという曲なんですね。スティーブ・ジョブズも「ステイ・ハングリー、ステイ・フーリッシュ(ハングリーであれ、愚か者であれ)」と言いました。

 フールとはひとりということなんです。社会全体に何かを攻撃したい気分がまん延しているときこそ、ひとりで考える。そして自分の意見を持つ。みんながベルトコンベヤーに乗っているとき、ひとり降りて考える。それがフール・オン・ザ・ヒルです。今の社会は同調しろと圧力をかけてくる。でもみんなと同じということは考えていないのに等しい。フールの共通点は寛容です。攻撃しない。ガリレオも立っているだけですからね。バカ者こそきたるべき民主主義の担い手なんです。【聞き手・中嶋文明】

 ◆高橋源一郎(たかはし・げんいちろう)1951年(昭26)1月1日生まれ。88年「優雅で感傷的な日本野球」で三島由紀夫賞、02年「日本文学盛衰史」で伊藤整文学賞、12年「さよならクリストファー・ロビン」で谷崎潤一郎賞受賞。11年4月から昨年3月まで朝日新聞で「論壇時評」を担当した。時評は「ぼくらの民主主義なんだぜ」「丘の上のバカ ぼくらの民主主義なんだぜ2」(朝日新書)に収録されている。

<キーワードメモ>

 ◆欧州選挙 3月にオランダの総選挙が行われ、イスラム系移民排斥を掲げる極右の「自由党」が第1党に躍進すると予想されている。4月にはフランス大統領選。極右「国民戦線」のルペン党首の当選もあり得る状況だ。秋のドイツの連邦議会選挙でも、難民受け入れ反対、反イスラムの「ドイツのための選択肢」の大躍進が予想されている。

 ◆格差社会 内閣府の国民生活に関する世論調査では9割以上の国民が生活程度は「中」と回答し、1億総中流意識は続いているが、厚労省の国民生活基礎調査によると、「生活が大変苦しい」と答えた人は27・4%、「やや苦しい」と答えた人は32・9%。合わせて60・3%と6割を超えた。20年前の96年は合わせて47%だった。この中間層の不安、不満が生活保護たたきや貧困たたきに向かっているとされる。

 ◆貧困高校生たたき NHK「ニュース7」が昨年8月の放送で子どもの貧困を取り上げた。貧困対策の必要性を訴えた母子家庭の女子高生に対し、ネットで誹謗(ひぼう)中傷が噴出。NHKに対しても「やらせ」「捏造(ねつぞう)」とバッシングが相次いだ。自民党の片山さつき参院議員も「NHKに説明をもとめ、皆さんにフィードバックさせていただきます!」。この問題を報じたネットメディア「ビジネスジャーナル」はNHKに取材しておらず、回答は架空だったとして謝罪した。

 ◆POST TRUTH オックスフォード英語辞典が2016年を象徴する「ワード・オブ・ザ・イヤー」に選んだ。客観的事実より、感情的な訴えかけの方が世論の形成に影響することを示す言葉で、欧州連合(EU)離脱をめぐる英国の国民投票、米大統領選で広まった。英国の国民投票では離脱派が「英国はEUに毎週3億5000万ポンド拠出している」とウソのスローガンを使い、米大統領選では「ローマ法王がトランプ氏支持を表明」などフェイクニュースが流れた。





**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

自由党・小沢一郎氏 「解散は秋頃」との見方を示す!

2017年1月1日(日)元日

ブログをご覧頂いているみなさま
新年明けましておめでとうございます!


今年は、新年早々 衆議院の解散総選挙が取り沙汰され緊迫した年明けですが、
自由党の小沢一郎共同代表が、新年早々の解散は無くなったと述べています。

今年の新年会での発言だとのこと。

とは言え、安倍強引政権を終わらせる為に、常に解散総選挙の可能性を念頭に
考えて行かなければならないでしょう!

産経新聞が、小沢一郎氏の新年の挨拶全文を掲載していましたので
以下に引用して紹介します。

注目に値する発言だと思いますので、ぜひお読みください。

201701021339145bb.jpg
新年会で乾杯をする自由党の小沢一郎代表(左)と森裕子参院議員
1日午後、東京都世田谷区深沢(松本学撮影)

小沢一郎氏新年会詳報(1)「1月解散はなくなった」
「参院選は勝利とはいえない、むしろ敗北だった…衆院選に備えねば」
産経新聞 ー 2017年1月1日(日) 18:22配信

 自由党の小沢一郎代表は1日午後、東京・深沢の私邸で開いた新年会でのあいさつで、次期衆院選が今年秋以降になるとの見通しを示した。「今月の解散・総選挙はほぼなくなったように思われる」と述べた上で、野党の共闘態勢構築に関し「秋以降(の解散)に向けて、この夏までには作りあげないといけない」と訴えた。

 衆院選での野党共闘のあり方については、民進、自由、社民の3野党の結集を念頭に「最善の策は一つの党になって戦うことだ」と強調した。共産党に関しては「われわれと一緒の党になるということはないし、彼らも望んでいない」と語り、選挙協力にとどめるべきだとの認識を示した。また、結集が不調に終わった場合の「次善の策」として、イタリア中道左派政党の結集にならった「オリーブの木」方式を重ねて提唱した。

 新年会には小沢氏に近い国会議員や元議員ら約80人が参加した。このうち現職国会議員は約10人で、自由党所属議員のほか、民進党の松木謙公▽鈴木克昌▽小宮山泰子▽木内孝胤-の各衆院議員らも出席した。

 新年会での小沢氏の発言の詳報は次の通り。

 ◇

 「みなさん、あけましておめでとうございます。昨年中は1年間、いろいろと皆さんにもお世話になりまして、本当にありがとうございました。心から、まず、感謝を申し上げます」

 「特に、昨年は、やはり一番は、参院選だったろうと思います。3人の仲間が皆さんのお力添えのおかげで当選することができました。本当にありがとうございます。また、3人に心から祝福を申し上げたいと思います。特に、(改選)1人区の議員につきましては、野党が統一して、県民、市民の皆さんと一緒になって選挙戦を戦ったということが、最大の勝因だったことは間違いないと思います。その意味で、前回2名しかとれなかった1人区が11名とれたということは、その一つの大きな成果のあらわれだろうと思っております」

 「ただ、全体的に見ますと、自公勢力に3分の2の議席を許してしまったわけでございますので、けっして野党の勝利とはいえない。むしろ、大きな、私は、敗北であったと思っております。もちろん、その中で、1人区で統一候補を擁立できたっちゅうことは、今後の、おおいなる一歩であることは間違いないことであります。その意味での、参院選が、大きな成果をあげたということができるだろうと思っております」

 「そういう中で、国会のいろいろなことを挙げればキリがありませんけれども、とにかく、選挙に負けてしまったという結果は、去年の国会の政府与党の運営を見れば分かる通りなんです。最終的に議席の数で決まってしまいます。そのプロセスにおいての、政府与党のやり方うんぬんという議論はもちろんあります。そしてまた、野党がいかにして、それに対して自分の主張をなしえたかということもこれまた同時にあります。しかしながら、結果としては議席の多数決によって決めるということがこれまた象徴的にあらわれた国会だったと思います」

 「このようなことは、はたして国民に許されるかどうか、あるいは国民がそれに対してどう考えるのか。その答えは、来たるべき総選挙にその結果があらわれるだろうと思います。私たちはその意味において、去年の反省は反省として、また勝利は勝利として、しっかりと認識しながら、次の総選挙に備えなければならないとそのように考えております。今月の解散・総選挙はほぼなくなったやに思われますけれども、しかしながら、過去においても、『選挙はしない』『しない』と言って、突然解散した例もございます。その意味では、まずは衆院の候補者たらんと、また、勝ち抜かんとする人たちは、第一義的に、気を緩めることなく、毎日頑張ってもらいたいと思いますし、参院の皆さん、そしてまた仲間の皆さんにも、その思いでもって、新しい新年を見据えていただきたいと思います」

=詳報(2)に続く




**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

続きを読む

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

2017年 正月解散にも対応できるよう共産党と自由党が党首懇談!

2016年12月22日(木)



2017年正月解散!

安倍総理が否定すればするほど、抜き打ち解散を警戒する声が拡がる!

⇒ 解散を画策している総理大臣が、解散は「頭の片隅にもない」
  と言うのは、常識と云うか常套手段であって、
  中曽根康弘の「寝たふり解散」が取分け有名。
  強く否定すればするほど解散が近い事のシグナルだ!

以下は、産経新聞の記事から

年明け解散「可能性ある」
 共産党の志位和夫委員長と自由党の小沢一郎代表が一致
 選挙準備加速へ
 産経新聞WebNews - 2016.12.21 00:45

 共産党の志位和夫委員長、自由党の小沢一郎代表は20日夜、東京都内で会食し、年明けの衆院解散の可能性は依然あるとして選挙準備を加速する方針で一致した。
 26日には次期衆院選に向け、民進、社民両党を含む4野党の幹事長・書記局長会談を開くことも確認した。
 共産、自由両党は幹事長・書記局長会談で、民進党が慎重な共通政策の作成を同党に働き掛ける構えだ。

 安倍晋三首相は年明け解散を見送る意向を表明している。



一方、安倍政権批判の急先鋒とも言える 日刊ゲンダイは、安倍晋三の体調不良を指摘!

「1月解散」断念で噴出 安倍首相にまたまた体調悪化情報
 日刊ゲンダイ - 2016年12月20日

 安倍応援団の産経新聞が
「衆院解散 1月見送り」――と1面トップで報じ、
安倍首相本人も「頭の片隅にもない」とNHK番組で否定したことで、
来年1月解散説が急速にしぼんでいる。
「解散総選挙は来年秋以降」というムードが一斉に広がっている。
 しかし、本当に1月解散は消えたのか。騙し討ち解散はないのか。
「来年1月解散、2月総選挙が根強く囁かれていたのは、安倍政権にとって早期解散の方が有利だからです。来年秋まで先延ばししても、その頃、景気がどうなっているか分からない。野党の選挙協力も時間が経つほど進んでしまう。さらに“駆けつけ警護”ができるようになった南スーダンに派遣される自衛隊に何かあったら、解散したくても解散できなくなる恐れがある。そうした状況は、1カ月前と何も変わっていないはずです。なぜ、安倍シンパの産経新聞が1面トップで『衆院解散 1月見送り』と断定したのか不思議です」(政界関係者)






テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

市民連合ふくおかシンポジウム 「総選挙に向けてー野党共闘を考える」 の御案内

2016年11月25日(金)

 きのうの続きのようですが、こちらは弁護士の後藤富和さんの
facebook 投稿の転載です。

 市民連合ふくおかシンポジウム
 「総選挙に向けてー野党共闘を考える」



市民連合ふくおかの学習会
● 市民連合ふくおかシンポジウム
「総選挙に向けてー野党共闘を考える」
 踊真一郎x石川捷治
日時:12月12日(月)18:30~21:00
場所:天神エルガーラオフィス6F・久留米大学福岡サテライト

https://www.facebook.com/events/989822921128409/

     ***************

以下は、現在も継続中の 「市民憲法講座」 の御案内です!

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●
  「憲法について語りあおう」
第7回目:12月19(月)18:30~
・発題者: 横田耕一(九州大学名誉教授・憲法学者)
・テーマー 自民党改憲草案を考える 第一回 憲法とは
案内チラシ http://tinyurl.com/j4gg9rx
場所: 福岡市立中央市民センター第二会議室
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●
  「憲法について語りあおう」
第8回目:1月16(月)18:30~
・発題者: 石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者)
・テーマー 「国会憲法審査会再開をめぐる政治状況」
場所: 福岡市立中央市民センター第二会議室
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

 来る衆議院選挙に向けての 【福岡タウンミーティング】 のお知らせ!

2016年11月24日(木)

 来る衆議院選挙に向けての市民主催の
「各政党によるプレゼンテーションと質疑」を行う

(福岡) 【タウンミーティング in FUKUOKA】 のお知らせ!

 この 【福岡タウンミーティング】 の主催者の一人富山正樹さんの
facebook 投稿の引用です。

【第1回 タウンミーティング in FUKUOKA】

福岡1区プログラム  ポスターチラシです
Town Meeting in Fukuoka-1_at Namiki-Square

2016年12月18日(日)
JR千早駅隣 【なみきスクエア】 14時〜18時
「福岡1区」 は、福岡市 東区・博多区が中心です。


また併せて
第1回福岡タウンミーティング
福岡2区プログラム  ポスターチラシです
Town Meeting in Fukuoka-2_at Takamiya-AMICAS

2016年12月4日(日)
西鉄高宮駅隣【アミカスホール】 13時〜17時
「福岡2区」 は、福岡市 中央区・南区が中心です。


「拡散よろしくお願い致します。」 とのこと!


**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

衆議院選挙 福岡1区 【第1回タウンミーティング】のお知らせ (12/18)

2016年11月13日(日)

衆議院選挙 福岡1区 【第1回タウンミーティング】のお知らせ!

2016年12月18日 14時00分開始
福岡市東区千早駅前 徒歩1分
『 なみきスクエア』にて開催とのこと。

主催者側の趣旨説明を引用させて頂きます。

福岡タウンミーティング実行委員会主催

【福 岡 タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ】

総合テーマ「今後もこの国で私たちらしく生きていくために」

「世界のなかの日本のあり方」を考える中で、与党も野党もなく、「がんばれ私たちのニッポン!」を合言葉に、これからこの国でどのように生きていくのか、どのような政治であれば皆が幸せに生きられるかといった視点から、政治家のみなさん、市民のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

 【12月18日(日曜日)当日スケジュール】

政党アピール10分間 + 質疑応答10分間
(会場からの質問は、1人1分・1質問のみでお願いします)

14:10~14:30  幸福実現党  吉富和枝 福岡県本部副代表
14:30~14:50  ふくおか緑の党 参加予定 演者未定
14:50~15:10  社会民主党 おちいし俊則市議
15:10~15:30 日本維新の会 参加未定 交渉中
15:30~15:50  日本共産党 参加予定 演者未定
休憩20分間   
16:10~16:30  公明党 参加予定 演者未定
16:30~16:50  民進党 山本ごうせい 福岡1区予定候補
16:50~17:10  自由民主党 鬼木誠衆議院議員欠席 代理参加議員交渉中
17:10~17:50 総括質疑 (会場参加者と、その場に残
った政党関係者の質疑応答)
17:50 閉会


【福岡タウンミーティングで議論する「5つのテーマ」】

第1回テーマ 私たちの生活や社会のあり方をどうしたいと望みますか?
第2回テーマ 国防と外交のあり方をどのように考えますか?
第3回テーマ 経済政策や環境エネルギー問題をどのように考えますか?
第4回テーマ 社会保障、教育、子育てと税金のこと、どう取り組みますか?
第5回テーマ 地方分権、地域再生、農林水産業への取り組みをどう考えますか?


【福岡タウンミーティングについて】

あらかじめ定めた「同一テーマ」について、各政党関係者はスケジュールに従い、自分の時間帯に出席していただき、アピールと参加者との議論をしていただきます。自分たちの持ち時間枠以外、各政党は出入り自由。集会最後に、その日の総括議論を残った会場参加者と政党関係者全員でフリートークをしましょう。


【参加呼びかけ政党・団体について】

自由民主党、民進党、公明党、日本共産党、日本維新の会、社会民主党、ふくおか緑の党 幸福実現党(次期衆議院選挙に候補者擁立意志もしくは擁立検討中の福岡に拠点のある政党又は地域政党および、国政選挙候補者擁立実績のある団体)


【今後の開催予定】

衆議院選挙区の区割りに従い、まずは福岡市周辺で今後も継続してタウンミーティングを開催してゆく予定です。
2016年内に第1回テーマのタウンミーティングを衆議院選挙区福岡1区から3区のすべての選挙区内で実施できるように努力しています。

もし解散総選挙が行われることになった場合は、緊急の「総選挙直前 緊急福岡タウンミーティング」を開催する予定です。


「福岡タウンミーティング」運営のための募金・カンパを受けつけます。当委員会はボランティア活動で運営されています。皆さまのご協力をお願いいたします。 





**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 



テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

衆議院補欠選挙での共産支持層の動向(出口調査)についてメディアで大きな差!

2016年10月26日(水)

 10月23日が最終投票日(公示翌日からは毎日が投票日)だった
衆議院東京10区と福岡6区における民進党公認候補に対する
日本共産党『支持層』(この判断基準が良く解らないが)の投票動向
について、時事通信と西日本新聞で大きな乖離が起こっている。

 例えば福岡6区について、時事通信では
民進党支持層の8割、共産党支持層は(民進党支持層を上回る)
9割が新井ふみ子候補に投票したと云う反応を示しているのに対して、
西日本新聞では、民進党支持層の8割、共産党支持層の5割強
新井ふみ子候補に投票したが、共産党支持層の4割弱が鳩山候補に
投票したと云う結果となっている。

 おそらく、『共産党支持層』 の選定の仕方が異なるのであろう。
例えば、「従来から日本共産党に投票している」人とするか、
「今年の参議院選挙で日本共産党に投票している」人とするかで
大きく異なると思う。

 いかにせよ、興味深い結果であり、出口調査の結果を、そのまま
鵜呑みにしたら大きな間違いを犯す可能性があると云うことだ。

    **************

自民支持層8割が鳩山氏へ 衆院福岡6区補選、出口調査
 西日本新聞 - 2016年10月25日 00時28分

 【鳩山氏は、公明支持層も9割近くを固め、民進支持層の2割、
 共産支持層の4割にも食い込んだ。
  民進党の新井富美子氏(49)は民進支持層の8割近くから得票したが、
 共産支持層は5割しか固めきれず、無党派層でも2割強にとどまった。】

Nisinippon_20161024-01.jpg


「小池票」8割が若狭氏=共産票8割以上、民進に-衆院補選・時事出口調査
 時事通信 - 2016年10月23日21時27分

 【東京10区民進党新人の鈴木庸介氏は、同党支持層の9割弱、
 共産支持層の8割を固めた。無党派層の支持はそれぞれ約5割で拮抗した。
  福岡6区では、民進新人の新井富美子氏は同党支持層の8割弱、
 共産支持層の9割弱を固めた。
  無党派層の支持は鳩山氏が6割弱、新井氏が3割弱だった。】


**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

続きを読む

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad