JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【週刊女性】2017年4月25日号が『共謀罪』で貴重な取材記事掲載!

2017年4月21日(金)

 私が、【週刊女性】を買った訳ではないが、facebook で紹介した投稿が
あったので、そのリンクから、この記事を読みましたので紹介します。

 最近 【女性自身】 も含め、女性週刊誌が頑張ってます!

 戦争が始まるより前から真っ先に犠牲になるのは女性や子どもですからね!

 戦争が始まったら、男性が戦場に送られるが、これからは女性兵士も・・・

 まさに、恐ろしい事態がドンドン進行していますが、その大きな分岐点が
いま、国会で論議されている『共謀罪』です。

 これを取り上げたのが、【週刊女性】2017年4月25日号(4/16発売)。

 以下、紹介します。

女性や家族をターゲットにする共謀罪が日本を再び「戦争ができる国」へ
 週刊女性 PRIME - 2017年4月25日号
 


【関連記事】

「共謀罪」適用範囲で応酬 音楽教室が該当?キノコ採りも?
 東京新聞 - 2017年4月20日 朝刊


Tokyo-Shinbun_PK2017042002100044.jpg



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:共謀罪 - ジャンル:政治・経済

【共謀法】 に関する民進党の山尾志桜里議員による追求の模様!

2017年2月9日(木)

2月3日の国会での政府追及の模様。



https://youtu.be/l2l4oNFSiMI

応援していない民進党の質疑だが、山尾志桜里議員は、
舌鋒鋭いだけではなくファッションセンスも格好良い!

テーマ:民進党 - ジャンル:政治・経済

私たちのプライバシーは殆ど官憲に知られてしまう!

2016年12月2日(金)

昨日の西日本新聞の大きな記事から!

20161203194014c91.jpg

20161203194016a32.jpg


**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


テーマ:安倍内閣 - ジャンル:政治・経済

共謀罪 が 名前変えて 急浮上

2016年8月28日(日)

天気予報によると、今日の気温は福岡では28℃と、久しぶりに30℃を
下回ったとのこと。

どうりで、原付で半袖姿で走っていると、ちょっと涼しいくらいだった。

朝から雨が降った為だろう。 夜も暑くはなく、ちょっと涼しかった。

     *****************

話変わって・・・

安倍政権は『共謀罪』 を、法律名称を変えて、再び画策しているらしい。


共謀罪、名称変え再提出へ
 ロイター通信:日本国内版 - 2016年 08月 26日 13:37 JST

20160828195451b24.jpg

 政府は26日までに、過去3回にわたって国会に提出され廃案となった「共謀罪」について、従来の構成要件を変更し適用対象を絞った組織犯罪処罰法の改正案をまとめた。2020年東京五輪に向けたテロ対策を強調し、罪名も「テロ等組織犯罪準備罪」と変更。9月に召集される臨時国会に提出する方向で調整している。

 共謀罪は、殺人などの重大犯罪の謀議に加わっただけで処罰され、対象犯罪が広範囲にわたるため、日弁連や刑事法学者から「市民団体や労働組合も対象になり得る」などと批判が出て廃案になった。今回の法案にも乱用の恐れがあるとの指摘が出ている。

     ****************

「共謀罪」新設案 市民監視 4度目の不安
 東京新聞 - 2016年8月27日 朝刊



**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:表現規制問題 - ジャンル:政治・経済

Say “NO” to 共謀罪 サイバーアクション 再び



Say “NO” to 共謀罪 サイバーアクション
に再びメール投票した。
 ここをクリック

下記コメントを付け加えて。
みなさんも、自分の意見を加えて一斉に送りましょう。

*************************
今朝のニュースを寝床で聞いて、パッと目が覚めた。
しかし、夢ではなかった。
民主党案を丸呑みして裏技で成立させようと言う汚い手口。
武部幹事長の「会期延長は無理」発言や、和田氏の絵画『盗作』問題でマスコミの目がちょっと共謀罪から遠のいたと思ったら、裏をかいて早速強行の構え。
民主党案であれ、与党案であれ、導入されれば一人歩きし、21世紀の治安維持法になるのは、論を待つまでもありません。
いかなる形の『共謀罪』にも断固反対します。

共謀罪 今日(6/2)にも通す?!

今朝、6時半頃から「朝ズバッ」を掛けながら眠りを続けていたところ、「共謀罪を今日にも通す。民主党案丸呑み」という声が聞こえて目が覚めた。
しかし、夢ではない!

小泉訪米(ポチがアメリカに尻尾を振りに行くの)を前にして、『国際的公約』である共謀罪を成立させておかなければ、衆参で圧倒的過半数を持っている与党の力量を問われ、小泉首相の指導力を問われかねないため、何が何でもお土産を作るためだそうだ。

ところが、言論や報道の自由に関わる問題なのにも関わらず、「朝ズバッ」のコメンテイターも、みのもんた氏も、追究が弱い。
民主党案なら通っても仕方ないかの雰囲気。

一方で、欧州などではどのような法律になっているかについて、法務省も外務省も調べる気はないらしい。
『雪よりも白く』ブログ 
(キリスト者らしい)によれば、雑誌「SPA」での政府側の発言に対して、下記のように批判しています。
【海外の共謀罪施行状況はどうなってるのさ→☆山中あき子外務政務官「言語が違うので外国の共謀罪の事例はわからない」→…わからない、じゃあなくてさ、調べてよ、政治やってるんだったら。わざと調べないっての、バレバレだよ。】
山中外務政務官は、外国語が全く解らないらしい!!!

その上、同誌では法務大臣達が、こんなこと(「」内)を言っているらしい。
【☆杉浦正健法務大臣「犯罪目的の集団ではないので、警察の裏金づくりは共謀罪にあたらない」→おいおーい、警察内部の犯罪こそ、しっかりと取り締まれよ。 ☆大林宏法法務省刑事局長「目配せだけではなく、まばたきでも共謀罪は成立する」→って、まばたきは生理現象でしょう?!?!】

こんな杜撰(ずさん)な状況で、通してしまおうと言うのだから度し難い。
『度一切苦役』(般若心経)とは参りませぬぞ!

電子情報戦分野でも一層声を高めましょう!!!!!!

共謀罪に関連して杉浦法務大臣の発言が話題に

【ざぶさん】よりトラックバックを頂いたので、ブログを訪問してみると、杉浦法務大臣のNHKでの発言と、これを一方的に垂れ流し、反対意見を対峙させなかったNHKの報道姿勢を問うておられました。
「共謀罪法案」に係わる大臣発言とNHK報道

 NHKが政府の広報“Windows”であるのは先刻承知のことです。(その中で一部の良識派のNHK職員が頑張っているのも確かですが。)

 その中で、法務大臣が自らのホームページでは、比較的リベラルな発言をしているとの御紹介がありました。曰く
【法律は、いったん制定されると制定者の意図とは無関係に、時代とともに一人歩きを始める。旧帝国憲法の運命もそうだった。明治の元勲たちが健在の間はまだよかったが、彼らが一人去り二人去り、政治の舞台から消えていくにつれて、旧帝国憲法の欠陥は繕い難くなっていく。明治の元勲たちが、元老として政治の実権を掌握できなくなっていくにつれて、わが国家は維新の大業を知らない指導者たちの手で責任の所在の定かでない国家になっていき、やがては、軍部が元老たちに代わってその実権を掌握するに及んで破局を迎えることになる。 】

 その「引用」を読んだ範囲の感想として、以下のコメントを【ざぶさん】に送りました。

 法務大臣が“リベラルな”発言をHP上でしていると言うのは、ここで初めて知りました。
 もっとも、『明治6年政変』(毛利敏彦著・中公新書)などを読むと、政権について数年後には、長州閥を中心とした汚職・腐敗は目を覆うばかりであり、これを糾そうとした江藤新平は、伊藤博文・井上馨・大久保利通らの陰謀で葬り去られたのです。

 維新の元勲が初心を持っていたのは初期の数年であり、それ以後は明治専制政府を率先して運営していたのですから(日清戦争をはじめとする戦争政策も含めて)。
元勲がいなくなったから軍部が暴走したかのような杉浦氏の発言は、弁護士出身とは思えない事実誤認、あるいは明治政府美化といえるでしょう。

 従って、リベラルとは正反対の考えだと思います。
 共謀罪は、反対派の声を可能な限り押さえ込みたい現政権と、法務官僚の発想であり、杉浦氏の発想ではないかもしれませんが、それを許す背景があると思います。
 そのうえ、もともとホームページは国民向けの広報の場であり、権力者が本音を書くはずがありません。先日も書きましたが『毒薬を糖衣に包んで飲ませる』のが彼らのやり口ですから。

 なお、この意見は【ざぶさん】を批判している訳ではありません。
一緒に共謀罪を葬るまで頑張って行きましょう。

Say ”NO” to 共謀罪 サイバーアクション

『共謀罪』法案の強行採決はひとまず回避された。
マスコミ報道では河野衆議院議長の活躍と民主党のねばりだけが披瀝されているが、共産党など少数野党の果たした役割も少なくない。

 毎日の日刊紙で事の本質をズバリと指摘し、反対運動の理論的支柱を与えた『赤旗』と、共産党議員達の国会議場や院内集会や街頭での反対行動が、政府・与党に強行した後の国民の反撃を想起させて、強行採決回避に至る一因となったことは間違いない。

 GreenPeaceが、【Say ”NO” to 共謀罪 サイバーアクション】
というWeb署名を行なっている。
下記アドレスから比較的簡単に送ることができ、自らのコメントも2000字まで書くことができる(私のブログ一回分は軽く入る結構な文字数だ)。

この署名は、『小泉純一郎 内閣総理大臣、杉浦 正健 法務大臣、衆議院・参議院法務委員、各政党に送ります』 ということだ。

GreenPeaceの政治的立場をこの場で論議していては『共謀罪』が通ってしまいかねません。
こぞってサイバー署名を行ないましょう。
【Say ”NO” to 共謀罪 サイバーアクション】

共謀罪法案の採決先送り 河野議長が要請

与党、共謀罪法案の採決先送り 河野議長が要請 (朝日新聞) - goo ニュース

朝日新聞Web版によると、採決回避に向けて河野衆議院議長が精力的に動かれたようです。
衆議院議長の立場を傷つけないためにも、自民・公明与党の自重が求められます。

国会に行ける人は国会の院内集会や国会周辺のデモへ!
行けない方は、FAXやメールで!
ホームページやブログを開設している人は電子戦で!
共謀罪に反対する声を上げましょう。
まだ、遅くはありません。
キッパリと、あるいは、ズルズルと廃案に追い込みましょう。

以下、朝日新聞Web版引用
【 河野洋平衆院議長は19日午後、自民党の細田博之、公明党の東順治の両国会対策委員長らと衆院議長室で会談し、与党が同日に予定していた「共謀罪」創設を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案の採決を先送りするよう求めた。与党の採決方針に対し民主党が審議拒否を辞さない強い姿勢を示していることを受け、国会の混乱を懸念したためで、与党は議長の要請を受け入れる方針だ。

 河野議長は会談の冒頭、同法案について「国民の一大関心事になっている。私も事態を心配している」と語った。

 与党側は当初、同法案を修正した上で19日中に採決する方針だったが、修正協議を続けてきた民主党が同日午前の臨時役員会で与党の修正案は受け入れず、採決にも反対する方針を決めた。小沢代表は「与党案は極めて弊害が多い。強行採決を与党が図るなら、我々としては強い態度で臨むべきだ」と語った。

 こうした情勢を受け、与党側は善後策を協議。河野議長は自民党国対幹部に「国際条約に関係する法案を政争の具にするのはよくない」として、採決の見送りを求めたという。別の国対幹部は同日午後、国会内で「議長裁定が出る」と述べた。

 与党の修正案では、共謀罪の対象となる「組織的犯罪集団」を「共同の目的が5年以上の懲役・禁固となる罪を実行することにある団体」と定義。民主党の要求に応じる形で団体の定義を狭め、共同修正を求めた。だが、対象の罪が政府案の約620から13減るだけで、民主党側は「該当する罪の数があまりにも大きすぎる」(鳩山由紀夫幹事長)として与党修正案に反対している。】 5/19 13:32

共謀罪 19日の採決見送り 

19日の採決見送り 共謀罪で与党、強行回避 (共同通信) - goo ニュース

共同通信の配信によると、与党は今日(5月19日)にも企んでいた共謀罪の強行採決を見送ったようです。
又また、延期を勝ち取った意義は大きいと思います。

週末に選挙区に帰る与党・国会議員たちにFAXの山を届けましょう!
また、野党には引き続き叱咤激励メールを送りましょう!

以下、共同通信引用(上記リンクからでも見られます)
【 与党と民主党は19日午前の衆院法務委員会理事会で「共謀罪」新設を柱とした組織犯罪処罰法などの改正案の共同修正に向けて大詰めの協議を行ったが、合意に至らなかった。与党は単独で修正案を提出し、同日中に委員会で採決を強行する構えをみせていたが、自民党国対幹部は「19日中の採決はない」と明言。今後の国会運営を考慮し、採決を見送る方向となった。

河野洋平衆院議長は19日午後、自民党の細田博之、公明党の東順治両国対委員長と会談し、共謀罪について「マスコミの大関心事で、私も事態を心配している」と述べ、慎重な対応を求めた。

民主党は同日午前の臨時役員会で与党が採決に踏み切れば、衆参両院ですべての審議を拒否する方針を確認。対決姿勢を強めた。】 5/19 13:23
次のページ

FC2Ad