FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

新型コロナウイルスでの肺炎が国内でも拡大!クルーズ船は缶詰状態 

2020年2月7日(金)

 当ブログでは、これまで敢えて取り上げて来なかったのですが、
中国武漢市から始まった新型肺炎が日本国内までの拡散し、
今夜の【NEWS23】では、クルーズ船も含む日本国内で86人が発症。

内、クルーズ船内での感染者は61人に上るとのこと。


クルーズ船の感染者61人に 1人は重症
 5都県の医療機関に搬送

 毎日新聞2020年2月7日 12時22分

(一部引用)
 7日午前、新たに171人分の検査結果が公表された。
 感染が発表された乗客41人は20~80代の男女。
 国籍の内訳は、日本21人▽米国8人▽豪州5人▽カナダ5人▽英国1人▽アルゼンチン1人。



20200207_Mainichi-02.jpg
   新たに乗客41人の新型コロナウイルス感染が確認された
   クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=横浜・大黒ふ頭で
   毎日新聞 - 2020年2月7日午前10時15分、本社ヘリから

逆に言えば、クルーズ船外で拡散しているのは20数名である。

クルーズ船での発症者の陽性反応確認は以下の状況。
最初31人検査し10人が陽性:3人に一人
次に71人検査し10人が陽性:7人に一人
今日は新たに171人検査し41人が陽性と確認されたという。
4人に一人の割合であり、極めて感染率は高い。

しかし、検査を受けた人々は乗員乗客約3700人のうち、1割程度だと言う。

私の facebook 投稿から

 昨日、発見された10人は、感染の疑いのある症状の出ている
 僅か31人の精密検体検査の結果10人(3割超)の陽性者。
 今日、新たに発表された10人は、71人の内10人だと言う。
 つまり、十数%~三十数%もの感染率であり感染性は強い!

 クルーズ船内で新たに発見される度に14日缶詰が続くとなると
様々な弊害が出て来るものと思われる。

 クルーズ船ではあるが、今やエンターテインメントや
レストランでの豪華なディナーショーも無く、大浴場にも
プールにも入れず、滞在していた部屋に引き籠っているしかない。
 豪華な監獄みたいなものだろう。



感染者受け入れで緊迫の港、客室から手を振る人も
 日刊スポーツ(共同) - 2020年2月6日11時0分

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者10人から新型コロナウイルスの感染が新たに確認された6日、横浜・大黒ふ頭に横付けされた船の周辺には白い防護服に身を包んだ関係者が控え、受け入れに向けて張り詰めた空気が漂った。
 午前9時前。数十人の報道陣が見守る中、5日に感染者らが巡視艇に乗り換えて下船した後、いったん港を離れていた船が着岸した。客室外のバルコニーに出た乗客もあり、中には元気そうに手を振る人の姿も。
 周辺では“足止め”の長期化に備え、船に積み込む水が入った段ボール箱を、フォークリフトで船着き場へ運ぶ作業が行われていた。
(共同)



     ************

クルーズ船で新たに41人感染確認 陽性は計61人に
日本経済新聞 ー 2020年2月7日 9時49分

 厚生労働省は7日、横浜港で検疫を受けているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、新たに41人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。検査対象となった273人のすべての遺伝子検査の結果が判明し、乗員乗客約3700人のうち、陽性が確認されたのは合計で61人となった。
 新たに感染が確認された41人は神奈川県のほか、東京都や埼玉県、千葉県、静岡県の医療機関に搬送する。搬送する人の中には高齢者や外国籍の人も含まれるという。



 中国では、感染者が3万人を超え死者も6百人を超えているとのこと。

死者が湖北省武漢市などで73人増えて636人、
感染者は3143人増えて3万1161人になったと発表した。



 そして、最初にこの感染症を発見した中国の医師が感染して死亡した。


新型肺炎に警鐘鳴らし摘発された武漢の医師、‬
‪自らも感染死 当局へ批判強まる

毎日新聞 ー 2020年2月7日

20200207_Mainichi-01.png

 中国政府は7日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者が湖北省武漢市などで73人増えて636人、感染者は3143人増えて3万1161人になったと発表した。

 さらに同日未明、原因不明の肺炎について医師仲間のグループチャット上でいち早く警鐘を鳴らしながら、公安当局に「デマ」を流したとして摘発された武漢市の男性医師が新型肺炎で亡くなったと、勤務先の病院が公表した。医師の言論を封じた当局への非難の声が一層強まっている。
 亡くなったのは、武漢市中心医院の眼科医、李文亮さん(33)
 (以下略;有料記事)



新型肺炎「告発」の武漢医師死亡 中国で吹き出した「強権体制批判」
 毎日新聞 ‐ 2020年2月7日 23時38分



続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

台湾総統選で蔡英文氏が圧勝(得票率57%)

2020年1月12日(日)

昨日、台湾で行われた総統選挙で
中国とは距離を置く現職の蔡英文氏が圧勝とのこと。

香港やウイグル自治区などで見られる中国政府による武力弾圧を見た
中国(中華民国)国民が、中国(大陸中国)への嫌悪感を示し自立の道を
志向した結果と言えるでしょう。

この結果をどのように評価するかは難しい処です。

と云うのは、トランプ大統領が歓迎のメッセージを送っているからです。

台湾総統選挙 
中央選管発表の得票数および得票率は
▽与党・民進党の蔡英文総統(63)約817万票(約57%)
▽国民党の韓国瑜・高雄市長(62)約552万票(約39%)
▽野党・親民党の宋楚瑜主席(77)約60万票。(約4%)
投票率は74・9%と20年ぶりに上昇に転じた、とのこと。
やはり投票率が上がると当然ではあるが民意が反映され易い!
日本の有権者や将来の有権者たる若者も見習わなければ!
     *********
若い世代が投票し示した中国への危機感」
 松田康博・東京大教授(中台関係論)

 毎日新聞 - 2020年1月12日 17時40分

 蔡英文氏が圧勝し、立法委員選でも民進党が過半数を取った。2019年11月の香港区議選とも重なるが、今回の台湾での選挙も投票率が70%を超えている。これだけ投票率が上がり、差が開いたということは若い世代が投票している。多くの人々が中国への危機感を持ったということだと思う。
*************



「台湾人は民主、自由を守る決意を世界に示した」
 台湾・蔡総統が圧勝総括

毎日新聞 - 2020年1月12日 23時21分 最終更新
 https://mainichi.jp/articles/20200112/k00/00m/030/203000c

 11日に投開票された台湾総統選は民進党の蔡英文総統(63)が過去最多得票を更新して再選され、立法委員(国会議員)選挙でも過半数を維持。今後4年間の政権運営の安定基盤を確保しただけでなく、4年後の総統選を見据えて立法院での主導権を取ろうとした第三極政党の勢力拡大の芽を摘むことにも成功した。
第三極勢力は空振り
 中央選管発表の得票数は蔡氏約817万票▽最大野党・国民党の韓国瑜・高雄市長(62)約552万票▽野党・親民党の宋楚瑜主席(77)約60万票。投票率は74・9%と20年ぶりに上昇に転じた。
 香港のデモで対中政策が従来以上に大きな争点となり、多くの有権者の関心を集めたためとみられる。
(以下略;有料記事)



台湾総統選 蔡英文総統が再選 中国との向き合い方が今後の焦点
 NHK - 2020年1月12日 5時27分


20200112_Nishinippon_Taiwan-01.jpg


台湾総統選で蔡氏が圧勝
 民進党、反中感情高まり再選

 西日本新聞 - 2020年1月12日(日)  6:00

(一部引用)

【台北・川原田健雄】
 台湾総統選は11日投開票され、台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統(63)が親中路線の最大野党、国民党の韓国瑜・高雄市長(62)らに過去最多得票で圧勝し、再選された。香港の反政府デモを受けて台湾で反中感情が高まる中、統一への圧力を強める中国の習近平指導部に強い態度で臨む蔡氏の強硬路線が支持を集めた。

 蔡氏の得票数は約817万票で、1996年から実施される直接総統選挙で過去最多を記録した。蔡氏は台北市で記者会見し「台湾に対する脅しをやめ、両岸(中台)関係の将来を対話によって決めるべきだ」と中国に呼び掛けた。2期目の蔡政権は5月20日にスタートする。

 立法委員(国会議員=定数113)選の投開票も同時に実施され、台湾メディアによると、民進党が過半数を維持した。

 選挙結果を受け、中国が蔡政権への締め付けを強め、中台関係がさらに悪化する可能性がある。トランプ米政権は蔡政権寄りの姿勢を示しており、蔡氏再選で米中対立が激化する懸念もある。




20200112_Nishinippon_Taiwan-02.jpg


20200112_Nishinippon_Taiwan-03.jpg


台湾、蔡総統「民主を深める」
 西日本新聞 - 2020年1月12日(日)  18:37 更新


20200112_Nishinippon_Taiwan-04.jpg


20200112_Nishinippon_Taiwan-05.jpg
20200112_Nishinippon_Taiwan-06.jpg


20200112_Nishinippon_Taiwan-07.jpg


20200112_Nishinippon_Taiwan-08.jpg


蔡氏再選「香港」追い風 「台湾守る」若者が支持
 西日本新聞 - 2020年1月12日(日)  6:00


20200112_Nishinippon_Taiwan-09.jpg

台湾選、中国でNHK画面真っ黒
 西日本新聞 - 2020年1月12日(日) 12:57 更新




続きを読む

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

ウォーレン民主党大統領候補の提案!富裕層に $1当たり¢2 課税!

2020年1月11日(土)

エリザベス・ウォーレン上院議員(民主党大統領候補)の提案!
総資産5000万ドル超の富裕層に資産$1当たり¢1課税!

以下、私の facebook 投稿


➡️ ウォーレンさんの提案

富裕層の5000万ドル(約55億円)を超える資産に
1ドルに付き2セントつまり僅か2%の課税を行うことで
貧困層への教育などに活用しようと言う画期的なもの。


    ***********

「ウォール街の保安官」が、ドナルド・トランプ大統領に立ち向かう
 2020年1月10日(金) 17:16配信 フィガロジャポン:FIGARO・jp


200110-Elizabeth-Warren.jpg
     写真:アトランタのクラーク大学で演説する、
     民主党候補者のエリザベス・ウォーレン。
          photo:Getty Images

(一部引用)

ウォーレン候補の掲げる経済政策は、この半世紀の間に提案されたものの中で最も左派的な内容だ。「政府が富裕層やネットワークを持つ人たちだけのために機能すれば、それは純粋に、単純に、腐敗と呼ばれます」と彼女は力説する。

ウォーレン候補の目玉政策のひとつが、5000万ドルを超える資産には1ドルにつき2セントを課税するという財産税だ。集会では支持者たちの間からも「2セント! 2セント!」という掛け声が上がる。

徴収した税金は、一部の高等教育機関の無償化、学生ローンの返済免除、子育て支援のための公的機関設立などの政策を実現するための予算に充てられるという。




続きを読む

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

イランの報復反撃は倉庫などに限定 人的被害避けたピンポイントの攻撃!

2020年1月9日(木)

 トランプ米国大統領が命じて1月3日イランの英雄ソレイマニ司令官を
ミサイル攻撃で殺害したことに対してイランは報復攻撃を公言していたが
昨日・1月8日未明にイランの隣国で『対立関係』にあるイラクの米軍施設に
対して十数発のミサイルで報復反撃した!

イラン 米軍に弾道ミサイル 革命防衛隊“司令官殺害への報復”
 NHK NEWS WEB - 2020年1月8日 18時00分

20200105_NHK_Iran-01.jpg

 このニュースに対する私の facebook 投稿から

  民放の「モーニングショー」の第一報は 9:02 頃でした!
  NHK(下の記事)は裏をリサーチしていたようで
  アメリカ国防総省の声明もフォロー。
  戦争に突入してしまった!

イラクの米軍に対して攻撃したと云う。
イランのソレイマニ司令官を空爆(ミサイル攻撃)で殺害したのも
イラクのバグダッドだったし、
これに対するイランからの反撃もイラク内の米軍基地。

アメリカとイランの戦争を何でイラクで行う?
イラクにとっては迷惑この上ない話しだろう。

<イラン指導部 高まる「報復論」>イラクは「戦闘の前線」懸念
毎日新聞 - 2020年1月5日 15時22分


例えば、北朝鮮とアメリカの戦争を日本で行うようなもので
米軍基地だらけの日本でも、あながち有り得ない話でもない!
そんな危険なイラン湾岸地域に自衛隊の護衛艦(≒駆逐艦)や
哨戒機を差し出す安倍晋三政権の無見識!
自衛隊員の生命よりアメリカのトランプが『私(安倍)の命』!
日本の米軍基地もイランからの攻撃対象に成り兼ねない。

(以下、NHK速報記事)
     ************
イラク駐留米軍に弾道ミサイル攻撃 イランが十数発 米国防総省
 NHKニュース - 2020年1月8日 10時07分



 イラン国民の怒りを鎮める為には、報復反撃は避けられなかっただろう。

 しかし、NHK報道によっても、その攻撃は極めて限定的であったようで、
米軍の発表でも死傷者は出なかったようである。

イラン攻撃は倉庫などに限定 人的被害避けたか 衛星写真を分析
NHKニュース - 2020年1月9日 6時41分



 即ち、人的被害が最小限になるように照準を定め、極めて正確に目標を
攻撃する能力があることを示したことにもなり『両得』である。
 ひとつはイラン国民に報復反撃したことを知らしめたこと。
もう一つは、イランのミサイル技術の精度の高さを世界に示せたこと!

 トランプ大統領は「報復すれば52か所に容赦なく反撃する」と妄語していたが
イランの報復反撃が「限定的」であることを知ったうえで Twitter を書き込み
軍事的報復はせず経済制裁を一層強化すると表明したようである。

 前日には、多くの評論家が【第3次世界大戦】の危機を述べていたから
そういう意味では一安心である。
 トランプが反撃を控えたことは、国連事務総長も評価している。

     **************

 これに先立って日本共産党は声明を発表していたが功を奏したか?!

【志位和夫委員長が記者会見で声明を発表】

「トランプ政権の無法な軍事力行使を非難し、
外交的解決の道に立ち戻ることを求める」

2020年1月6日  日本共産党幹部会委員長  志位 和夫

20200109_Shii.jpg

【志位和夫委員長が記者会見で声明を発表】
 2020年1月6日 - YouTube 映像へのリンク


     **************

【NHK NEWS WEB の関連記事】

トランプ大統領 演説要旨「軍事力行使したくない」
 NHK NEWS WEB - 2020年1月9日(木) 2時16分


トランプ大統領 イランへの反撃言及せず 事態悪化避けたい姿勢
 NHK NEWS WEB - 2020年1月9日(木) 4時39分


イラン攻撃は倉庫などに限定 人的被害避けたか 衛星写真を分析
 NHK NEWS WEB - 2020年1月9日(木) 6時41分


トランプ大統領の演説 なぜ抑制的だったのか
 NHK NEWS WEB - 2020年1月9日(木) 8時22分


     **************

 
以下、西日本新聞の紙面から

20200109_Nishinippon_Iran-01.jpg

20200109_Nishinippon_Iran-02.jpg

20200108_Nishinippon_Iran-01.jpg


続きを読む

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

西日本新聞【中村哲という生き方】連載中!

2020年1月6日(月)

 西日本新聞の紙面では、去年(2019年)12月4日中村哲さんが
アフガニスタンで殉職後ただちに【特集ページ】を設けています。

今年1月1日より「中村哲という生き方」と題する連載記事を掲載。
以下、引用して御紹介します。


【連載】中村哲という生き方(上)
 「誰もが行きたがらぬところへ」

 西日本新聞 - 2020年1月1日 

20200101_Nishinippon_NakamuraTetsu-01.jpg

 ズボンの裾をまくるようにして、中村哲医師が右足にわずかに残る傷痕を見せてくれたことがある。「いらぬ心配をさせるから、今は書かんでね」。アフガニスタン東部の山間部を歩いていた時、戦闘の流れ弾に当たったのだという。

 無医地区の渓谷に診療所を開こうと、隣国パキスタンから峠を越えて調査を続けていた時期のこと。傷は浅く、持ち歩いていた医療器具で自ら縫った。「かすり傷。大したことじゃなかったですね」

 中村さんは1984年にパキスタン北西部ペシャワルの病院に赴任。その後、戦乱に追われたアフガン難民の苦境を知り、両国で診療所を展開していく。

 転機は、2000年にアフガンで起こった大干ばつだった。乾きと飢えの犠牲者の多くは幼児。診療所の列を待つ間に腕の中で子どもが息絶え、ぼうぜんとする母親の姿は珍しくなかった。「もはや治療どころではない」。やむにやまれず土木の勉強を一から始め、00年に井戸を、03年からは用水路を掘り始めた。

 アフガンの治安は最悪だ。安全確保には細心の注意を払ってきた。近年は原則として宿舎と作業現場を往復するだけ。車で移動中に少しでも渋滞したら、ライフルを持つ護衛が荷台から飛び降りて交通整理を行った。停車する時間をつくらないように配慮した。

 信念は「誰もが行きたがらぬところへ行け、誰もがやりたがらぬことを為(な)せ」。そうである以上、リスクをなくすのは不可能とも言える。「まぐれで生き延びてきたようなものです」。記者が現地を訪れた5年前、にやりと笑った。

 危険な異郷で活動を続けた半生。原点は北九州市の若松にあった。

■「弱い者をかばえ」が原点 川筋気質、祖母の教え胸に

 洞海湾を望む北九州市若松区本町の一角に「玉井組事務所跡」と書かれた案内板が立っている。火野葦平の小説「花と龍」のモデルである玉井金五郎、マン夫妻が、気性の荒い川筋男たちを束ねて石炭荷役業を営んだ場所。終戦の翌年に福岡市で生まれた中村哲医師は2人の孫で、火野のおいだ。

 生後2年で若松に移り住み、母方の実家である玉井家は半ばわが家のようだった。祖父金五郎が亡くなった後、一家を取り仕切った祖母マンはしつけに厳しかった。火鉢の近くに泰然と座り、キセルでたばこを吸った。

 「率先して弱い者をかばえ」「どんな小さな命も尊べ」。折に触れて聞いたマンの説教が「自分の倫理観として根を張っている」と、中村さんは著書に書き残している。

 「哲さんの言うことはよく分かる」と、いとこの玉井行人さん(62)は話す。サッカーJ3で昨年、前季の最下位から劇的なリーグ優勝を果たした「ギラヴァンツ北九州」の社長だ。

 亡くなった行人さんの父は金五郎とマンの次男。いつも和服で過ごし、古くさい姿は子供心に恥ずかしかった。後に理由が分かった。人情に厚い父は大学教授の傍ら、刑務所の出所者の世話をしていた。返ってこないと知りながら、就職面接のために「着て行きなさい」と背広を貸した。ついに1着もなくなった。「なんちかんち言うな。理屈じゃなかろうが」。口癖のように繰り返していた。

 よく似た言葉を、5年前に訪れたアフガニスタンで中村さんからも聞いた。「何でやっているのかとよく聞かれますが、結局、理屈じゃないんですね」。パソコンや書類、灰皿が置かれた中村さんの机の上には、金五郎の写真が飾ってあった。

     ∞∞

 福岡市の西南学院中学に進学し、キリスト教と出合ったことも、中村さんの精神を形づくった。

 市内の教会に通いながら、牧師だった藤井健児さん(88)の自宅をしばしば訪れた。カラン、コロンとげたの音が響くと「哲ちゃんが来たな」。15歳ほどの年齢差があってもウマが合ったのか、聖書はもちろん政治や文化などさまざまなことを語り合った。中村さんが特に好きだったのは文学と自然。「伯父貴のように物書きになりたい」「『草と蛇』でも書くのか」。軽口もたたきながらの話は何時間も尽きなかった。

 やがて中村さんは、医師を目指すことを決める。藤井さんは目が不自由である。「目が悪いのにがんばっておられる先生のように、世の役に立ちたい」

 交流はその後も続いた。中村さんの長男は健さん。藤井さんの名前から1字取ったという。

     ∞∞

 アフガンでのかんがい事業では、多くの若者も共に汗を流した。宿舎の本棚には、キリスト教思想家内村鑑三の「後世への最大遺物」があった。中村さんが少年時代、受洗のきっかけにもなった本だった。「みんなのために何冊か置いといたけれど、読んだね」。中村さんの問い掛けを、元スタッフ杉山大二朗さん(44)=福岡県福津市=は覚えている。

 後に続く人たちのために何を残すか。金でも事業でも思想でもいいが、最大の遺産は「勇ましい生涯」だと内村は述べる。

 弱い者を助けるため、行動に移す。「誰もが行きたがらぬところへ行け」という中村さんの信条は、この本の一節でもある。

     ××

 12月4日、アフガンで凶弾に倒れた中村医師は何を支えとし、何を残したのか。その生き方に迫りたい。 (中原興平が担当します)



【連載】中村哲という生き方(中)
 ニホンオオカミと呼ばれ

 西日本新聞 - 2020年1月3日 

20200103_Nishinippon_NakamuraTetsu-01.jpg


【連載】中村哲という生き方(下)
 「ナカムラ学校」魂 脈々と

 西日本新聞 - 2020年1月4日 

20200104_Nishinippon_NakamuraTetsu-02.jpg


かつての「死の谷」で養蜂
 中村哲さんの遺業がまた一つ形に

 西日本新聞 - 2020年1月5日 

20200105_Nishinippon_NakamuraTetsu-03.jpg





テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

西日本新聞がグレタ・トゥンベリさん(17)の特集記事(1/4)

2020年1月4日(土)

 1月4日付けの西日本新聞が紙面とWEB記事で
地球温暖化防止を目指す世界的運動の象徴的存在となっている
スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)を特集!

グレタさん、初訪日に意欲
 西日本新聞(共同) - 2020年1月4日 21:01



20200104_Nishinippon-02.jpg


20200104_Nishinippon-03.jpg


20200104_Nishinippon-04.jpg
20200104_Nishinippon-05.jpg


20200104_Nishinippon-06.jpg


 ご存知のように、グレタ・トゥンベリさんは御老体トランプ大統領から
大人げない揶揄の『つぶやき』攻撃を受けても『本歌取り』で見事に
返し、「大人の対応」をしていることでも喝さいを浴びている!

また、小泉進次郎・環境大臣(JAPAN)が例の『セクシー発言』をした翌日に
【最も危険なのは何もしていないのに、対策をしているふりを許すこと】
と、名指しこそしなかったもののズバリと『口だけ番長』を批判した!

グレタさん『大物政治家』による大人気ない揶揄に大人の対応で切り返し!
 JUNSKY blog - 2019年12月14日


沖縄タイムス【大弦小弦】でグレタさんを高く評価
 JUNSKY blog - 2019年12月15日(日)


COP25でグレタ・トゥンベリさんが訴え!!
 JUNSKY blog - 2019年12月8日(日)


     *************

グレタさん、初訪日に意欲
 西日本新聞(共同) - 2020年1月4日 21:01

20200104_Nishinippon-01.jpg
     ストックホルムで取材に応じるグレタ・トゥンベリさん=3日(共同)

【ストックホルム共同】
 地球温暖化防止を目指す世界的運動の象徴的存在となっているスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)が3日、首都ストックホルムで共同通信の単独取材に応じ、温暖化対策の強化に向け「今年も権力を持つ人たちに圧力をかけ、人々に意識を広め続ける」と語った。招待されれば初訪日するとの意欲も示した。
 昨年9月の国連「気候行動サミット」で、各国指導者を強く批判する演説をして脚光を浴びた後、日本メディアの単独インタビューに応じたのは初めてとみられる。





テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

【米軍、イラン精鋭組織の司令官殺害 国防総省発表】日経第一報!

2020年1月3日(金)

 安倍晋三内閣が国会にも諮らず閣議決定でイラン沖に護衛艦(≒駆逐艦)と
哨戒機を派兵することを決めた翌週、これを見計っていたようにトランプ大統領は、
イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の殺害を命じ
イラクに滞在中のソレイマニ司令官を無人機による空爆により惨殺した!

これは、当にアメリカによるテロ行為である!

国際法違反の非道な行為であることは間違いない!

元々、イランの『核合意』からアメリカが一方的に出て行ったことが
紛争のネタになっていた訳で、トランプ自らが作り出したトラブルである。
それを『解決』するために相手国の司令官を暗殺するとは!

米国は、また米兵の増派も決定したという。

米国の若者の命も、報復攻撃にさらされかねない米国市民の命も
顧みない大統領選挙目当ての身勝手な犯罪行為である!

派兵される自衛隊員も命の危険に晒される可能性が高くなった!

さらに言えばアメリカと軍事同盟を結んでいる諸国(日本も!)の市民に
対する報復攻撃が行われる危険性さえ増幅させた!

そういう事態が進行していることを知っても、安倍晋三は
ゴルフ三昧で余暇を過ごしていたと云う。


     ****************

米軍、イラン精鋭組織の司令官殺害 国防総省発表
 日本経済新聞 - 2020年1月3日(金) 11:53 

【ワシントン=中村亮】
 米国防総省は2日、イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したと発表した。トランプ大統領の指示を受けた措置で「海外の米国人を守るためだ」と説明した。イランが猛反発するのは確実で、米イランの緊張が一気に高まる公算が大きい。



米イラン対立泥沼に 精鋭部隊司令官殺害
 毎日新聞 - 2020年1月3日(金) 22時00分

20200103_Mainichi-01.jpg

 イランとの報復の連鎖の末、米国はイラン革命防衛隊コッズ部隊のスレイマニ司令官殺害に踏み切った。「最大限の圧力」でイランに核兵器開発の完全放棄などを求めるトランプ政権だが、その政策は効果を上げず、対立をエスカレートさせてきた。司令官殺害で緊張はさらに高まるが、トランプ政権が強硬一辺倒の姿勢を崩す気配はみられず、危険な状態が続く恐れが強い。


20200103_Mainichi-02.jpg



テーマ:テロ - ジャンル:ニュース

西日本新聞で中村哲さん追悼特集

2019年12月10日(火)

 アフガニスタンで医療と命の水を確保するため命を懸けて活動してきた
中村哲さんが殺害され、きのう遺族と福岡空港に帰郷された。

 このニュースを西日本新聞WEB版で確認してみると
【中村哲さん追悼サイト】の特設が予告されていました。


Nshinippon_NakamuraTetsu-site.jpg


     ***********

20191210_Nishinippon-01.jpg


中村哲さん、遺族と帰郷 出迎えの人々「悲しいの一言」
西日本新聞 :吉田 真紀・金沢 皓介 - 2019/12/9 20:00 更新

 アフガニスタン東部で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)の遺体が9日朝、羽田空港から遺族と共に福岡空港に到着した。中村さんは福岡県大牟田市に自宅がある。同会によると、11日に福岡市の斎場で告別式が執り行われる予定。

 ペシャワール会の村上優会長(70)は「中村先生が実践してきた全てを継続していきたい」と遺志を継ぐ決意を表明。国内外の多くの人が喪失感を共有し、励ましの言葉を寄せてくれたことで「今後の事業継続への力となった」と述べた。

 福岡空港では、九州在住のアフガン人らも花や中村さんの顔写真を手に集まった。



20191210_Nishinippon-02.jpg

「命の不平等」に憤り伴走 中村哲さんと40年、ペシャワール会会長
西日本新聞:吉田 真紀 - 2019/12/10 16:09 更新

 そばにいられて、本当に幸せだった-。アフガニスタン東部で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)が9日に帰郷した。福岡空港で出迎えた同会会長の医師村上優さん(70)は40年前、中村さんから人道支援の原点とも言える「命の不平等への憤り」を聞いて以来、伴走してきた。医師の先輩で、人生の師でもある中村さんとの突然の別れに悲しみは尽きないが「先生が実践してきた事業を、みんなで力を合わせて実現したい」と力を込めた。

 全身麻酔から目を覚ますと、状況は一変していた。中村さんが殺害された4日、村上さんは手術を受けていた。電話には同会事務局からの着信が残っていた。「中村さんが銃撃された」との一報に言葉を失った。

 中村さんが医師としてスタートを切った国立肥前療養所(現国立病院機構肥前精神医療センター)に、1年後輩として入って以来の仲だった。「先生は敵や味方の関係を乗り越えた共生を求めていた。そんな生き方を体現した『崇高』と表現したくなる犠牲だ」。敬意を込め、亡き師をしのんだ。

 生き方の原点とも言える思いを40年前に聞いていた。中村さんに登山に誘われ、パキスタンの地を踏んだ1979年6月。同級生や同僚、山仲間から慕われる「哲ちゃん」が、パキスタンで医療活動を始める5年前のことだった。旧ソ連軍によるアフガン侵攻が始まった影響で、アフガンに入る予定を変更し、パキスタン北部のギルギットに約1週間滞在した。

 夜な夜な語り合う濃い時間の中で、中村さんが憤りをあらわにしたのが「命の不平等」だった。数十円の薬が買えずに死んでいく人たちへの思い-。同じ医師として、考え方の深さと広さに感銘を受けた。

 「あれが、先生の出発点だったと思う」。83年に同会が発足。憤りをエネルギーに変えるかのように、医療活動から始まり、井戸掘削、農業用水のかんがい事業まで「誰もしないからする」を体現した。「巨人のような存在」だった。

 村上さんは同会事務局長、会長となり、すぐそばで支えてきた。「高い知性、道徳性、経験値、実践力。あのような大きな存在は再来しない」

 中村さんの指示で、3年前から事業が「20年持続可能な体制づくり」に着手している。「いかに先生の夢を実現していくか。実現のため支援を賜りたい」。国内外から届く励ましを力に変えていく。(吉田真紀)




テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

香港の民主化運動の『雨傘の女神』周庭さんから

2019年行動12月9日

香港の周庭 Chou Ting Agnes さんより
先ずは12月4日頃の投稿。

Happy birthday to Agnes Chou!!!
・・・・・
本日、23歳になりました。
多くの仲間たちが命かけて戦っている今、
お祝いをする気分は正直あまりないです。

香港が、これから自由な街になりますように。
苦しんでいる人なんて、もう見たくないです。

#香港デモ #HongKongProtests #choutingagnes


20191209141432681.jpg

以下は、アグネスさんではなく私のコメント

先週、米国議会が上院下院双方で可決していた
『香港人権民主化法』をトランプ大統領が区議会選挙の結果も見て
気が進まない中でも署名して成立した。

その後に香港で行われた市民デモではアメリカ国旗『星条旗』ばかりが
並び立って異様な雰囲気だった。
支援する人々は世界中に居るのに世界中で戦争を展開している帝国主義国の
支援がそんなに喜ぶべきことか?!と思っていた。
支援する市民がいる国々の旗を立てるべきだったと思う。
もちろんマスメディアが恣意的に星条旗を撮した可能性もあるが。

処が、昨日のデモでは星条旗は殆ど見えないようで一安心。

その雰囲気を アグネス・チョウさんが Twitter で伝えてくれている。

・・・・・・・・・

次からは、昨日(2019年12月8日・Sun)の Agnes Twitter 投稿から

201912091416182f8.jpg

香港の周庭 Agnes Chou さん
から昨日の香港民主化デモの様子
平和的に行われたようです。
・・・・・
今日のデモには、80万人が参加しました。

5大要求、1つも欠けてはなりません。

香港政府は今すぐ民意に応えるべきです。

#香港デモ #HongKongProtests

201912091416203da.jpg

20191209141617abf.jpg

201912091416153b1.jpg

20191209141614086.jpg

香港、「80万人」抗議デモ
西日本新聞(共同)WEB版 ー 2019/12/8 17:43


【香港共同】
香港中心部で8日、「逃亡犯条例」改正案に反対する6月の「100万人デモ」を主催した民主派団体「民間人権陣線(民陣)」が普通選挙導入など「五大要求」を掲げ、政府への抗議デモを実施した。民陣は約80万人が参加したと発表した。警察は18万3千人としている。デモの規模は民主派が圧勝した11月の区議会(地方議会)選後では最大となった。平和的デモが呼び掛けられたが、一部で放火や破壊行為があった。
 林鄭月娥行政長官はデモ隊の五大要求について、逃亡犯条例改正案撤回に応じただけで他の要求は拒否。区議会選で政府への不満が示された後も譲歩していない。



2019年11月25日 香港区議会選挙の結果を報告する
アグネスさんの Twitter 投稿から

201912091612373ae.jpg

区議会選挙が終わりました。294万人以上が投票し、
投票率は71.2%、香港の史上最高記録でした。

これまで親中派が議席を独占してきた区議会が、
今回の政治的な意味を持つ選挙になったことによって、
452議席のうち388席を民主派が占めました。
だけど、これは決して運動の勝利ではありません。

********

ここからは、昨日の西日本新聞紙面から

201912091414261e5.jpg<br />

「闘い続ける」香港“雨傘の女神”の思い 100万人デモから半年
2019/12/8 6:00 (2019/12/9 15:05 更新)
西日本新聞 総合面 川原田 健雄

 香港で政府への抗議活動が本格化して9日で半年。11月の香港区議会(地方議会)選挙では民主派が圧勝したが、民主派団体幹部の周庭さん(23)は「これで終わりじゃない。香港人の自由と権利を守るため闘い続ける」と国際社会を巻き込み中国政府の圧力と対峙(たいじ)する構えだ。日本にも米国の香港人権・民主主義法のような強い措置を求める。
 「民主的な国なら選挙で未来を変えられる。でも中国は独裁国家で、香港の選挙にその力はない。引き続き街で闘うことが大事だ」。民主派が8割超の議席を獲得した区議選を振り返り、周さんは力を込めた。
 中学生だった2012年、「中国国民としての愛国心」を養う愛国教育導入に反対するデモに参加。14年には行政長官選挙の民主化を求めるデモ「雨傘運動」で学生団体幹部を務め「民主の女神」と呼ばれた。
 長く民主化運動に身を投じてきたからこそ従来の活動に限界も感じる。「平和なデモなら香港政府は要求を聞こうともしない。6月に逃亡犯条例改正案の撤回を求めて200万人が街に出たのに無視された」
 6月以降「勇武派」と呼ばれる若者が警察と衝突。交通妨害や中国寄りとみなした店の破壊を繰り返す。「日本では迷惑をかける行為という見方があるけど、実生活に影響がない社会運動には力がない。政府にプレッシャーをかけないと何も変わらない」
 日本語が堪能な周さんは日本の報道も目にするが、香港のデモが「過激」と報じられることに違和感を覚える。「広東語では激しく急進的という意味の『激進』を使う。過激では前に進む運動の意義が伝わらないでしょ」。大好きなアニメで学んだ日本語を駆使し、ツイッターで香港の今を発信する。「日本の報道は『香港で暴力的な衝突が起きた』で終わる。その背景と理由を日本人に伝えたい」
 日本の政治にも期待は大きい。「各党が香港情勢を懸念する声明を出してくれたのはありがたい。でも米国のような制裁を含む法律があればもっとパワフル。アジアの民主国家として中国の人権問題に強い行動を取ってほしい」と訴える。
   ◇    ◇
 香港中心部の幹線道路を占拠した「雨傘運動」は学生と民主派団体の路線対立もあり、失敗に終わった。その後は長く絶望と無力感にさいなまれたという。「占拠した道路に『We will be back(また戻ってくる)』と落書きしたけど、どうやったら戻れるのか分からなくて…」
 5年後の今、胸にあるのは「仲間割れしない」との思いだ。「平和的なデモも、急進的な行動も主張は矛盾しない。みんな経験を積み重ねて頑張っている」
 香港に高度な自治を認める「一国二制度」は47年まで続く約束だ。だが「今は1国1・1制度あるかな」。デモ参加者のマスク着用を禁じる覆面禁止法を香港の裁判所が違憲と判断した際も中国政府は非難した。司法の独立や言論の自由といった香港の価値観は揺らぐ。それでも「香港は私の家。ここに残り自分の家を守りたい」と前を向いた。
 (香港で川原田健雄)



20191209141428c43.jpg

香港デモ半年、大きな混乱なし
西日本新聞(共同)ー 2019/12/9 8:50

【香港共同】
中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を発端とした香港での抗議活動は9日、本格化してから半年となった。節目の日に抗議活動として出勤時間帯を狙った交通妨害が会員制交流サイト(SNS)で呼び掛けられたが、警察は早朝から厳戒態勢を敷き、大きな混乱はなかった。
 香港では11月下旬からデモ隊と警官隊の激しい衝突は起きていない。SNSでは、香港18区のうち10区で12月9日早朝からの交通妨害が呼び掛けられた。香港メディアによると、一部の地下鉄で線路に障害物が置かれ、列車に一時遅れが出た。



20191209141429be0.jpg

2019120914143144a.jpg



テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

昨年の気象災害、日本が最悪国 COP25で公表

2019年12月5日 (木)

 これは、気象災害を指標としたものであって、温暖化対策が最悪
と言うものではないが、指標として警告を発したものと捉えた方が良い!

昨年の気象災害、日本が最悪国
 COP25で公表、深刻化の恐れ

東京新聞 - 2019年12月5日 20時45分

【マドリード共同】
 気象災害の被害が昨年、最もひどかった国は日本だったとの報告書をドイツの環境シンクタンク「ジャーマンウオッチ」がまとめた。西日本豪雨や猛暑に襲われたことが要因。豪雨や熱波といった異常気象は地球温暖化により深刻さを増すとみられており「対策強化が不可欠だ」と強調している。

 スペイン・マドリードでの国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の会場で5日までに公表した。

 気象災害による死者数や損害額など4項目で各国の被害状況を分析すると、2017年は36位だった日本が1位となった。フィリピン、ドイツが続いた。





テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

次のページ