FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

終戦後から1952年頃までの天皇 拝聴記録公開

2019年8月21日(木)

昨日(8/20)の西日本新聞🗞紙面から

田島道治初代宮内庁長官の遺族から貴重な資料の
提供を受けていたNHKが資料を公開。

初代宮内庁長官を務めた故田島道治氏が昭和天皇とのやりとりを記録した手帳やノート
=19日午前、東京都渋谷区

昭和天皇、戦争の反省語れず
吉田首相反対で、元長官が記録

 共同通信 - 2019/8/19 11:56 (JST)


20190820_Nishinippon-01.jpg

20190820_Nishinippon-02.jpg

20190820_Nishinippon-04.jpg


20190820_Nishinippon-05.jpg


20190820_Nishinippon-06.jpg
20190820_Nishinippon-07.jpg









続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済

【核と北東アジア/核なき世界は可能か】太田昌克さんの講演

2019年8月20日(火)

アクロス福岡2階交流ギャラリーで開催中の
「平和のための戦争展2019」
関連企画で福岡県反核医師の会記念講演
「核と北東アジア/核なき世界は可能か」を
聴きました。

2019年8月17日16時00分〜17時45分

20190817_ACROS_Oota-01.jpg


講師は共同通信の太田昌克論説委員。

会場は交流ギャラリーのセミナー室で満席。
立ち見が10名近く出て私も立ち見。

20190817_ACROS_Oota-02.jpg

なのでリアルタイム入力はできませんでした。

・・・・・・・・

パワーポイントを使った電子講義

配付されたレジュメから一部再現すると・・・

話の最初は、胎児被曝者である「きのこの会」の山内幹子さんの話を
結構長く話された。
母胎の中で脳が最も成長する時期に原爆で被曝し脳が発達しないまま
生まれてきたため、言語も不自由であり日常生活も介護が必要。
その方の家族の状況も含めて報告された。

続いて、トランプ大統領を誕生させた影の功労者
スティーブ・バノン氏と面談した際の話。
トランプ氏への攻撃を倍返しでクリントンを攻撃したことなど。

続いて、オバマ大統領の広島訪問(2016年5月27日)を演出した
ベン・ローズ元大統領次席補佐官のことについて。
オバマ大統領の広島メッセージは、冒頭こそ他人事のようで
物議を醸し出したが、全体としては格調高いものだった。
ローズ氏は、そのスピーチライター。
「核問題はモラルの問題である」
被曝者二人との触れ合いが最もパワフルなイベントだった。

サーロー節子さんとベアトリス・フィンICAN事務局長など
闘う女性たちの言葉と行動を紹介。

20190817_ACROS_Oota-03.jpg


米朝関係。
金正恩は、トランプの再選があるかどうかを見極めて
次の手を打とうとしているのではないか?
米国農村部でトランプの支持が急減している。

最後に日韓関係。
こう言う状況で日韓が協力して対処しなければならない時に
何をやっているんだろうか?

ビスマルク言葉
「神のマントが歴史の中に翻るとき、
飛びついてつかまえなければならない」
ドイツを統一したコール西ドイツ首相が引用。

以上です。






テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済

【ワイマール憲法制定100年から何を学ぶか】石村善治氏講演会

2019年8月19日(火)

石村善治氏講演会
【ワイマール憲法制定100年から何を学ぶか】


アクロス福岡2階交流ギャラリー セミナー室にて
『平和のための戦争展』関連企画

10:30 開始だが、遅れて11:00から参加。

前触れ
南原繁氏の論文の紹介があったらしい。
(配付資料あり)

11:00から 石村さんの来歴紹介。

20190817_ACROS_Ishimura-01.jpg


石村さんがドイツ語で書いた論文がドイツで認められて留学して研究。

フリートリヒ・レンツ著 『国家と社会』を研究して翻訳。
原題は『マルクス主義と国家』であったが、当時はそのタイトルでは
出版できなかった。

【本題】

ワイマール憲法 1919年8月11日成立

大統領独裁を許す条項が最初から存在した。

第48条
義務を履行しない時は武装兵力を用いて、この義務を履行させることができる。
緊急事態措置
114,115,117,118,123,124,153条の民主的権利を制限できる。

共和国擁護法 1922年7月21日から5カ年の時限立法だったが・・・
暗殺の横行に対処するものとされた。
共産党員、大統領、外務大臣などが次々に暗殺された。

第2期擁護法 1929年7月23日
第3期擁護法 1930年3月18日

「民族および国家の保護のためのドイツ国大統領令」1933年2月28日
ドイツ国憲法第48条第2項に基づき、共産主義者の、国家公安を害する
暴力行為を防止するため、次のごとく命令する。
115,117,118,123,124,153条は、当分の間、その効力を停止する。

当時、最高の民主的憲法のように言われているが
実際は大統領に権限を集中できる構造に始めからなっていた。

ボン基本法 第1条 1956年3月19日
(1) 人間の尊厳は不可侵である。これを尊重し、かつ保護することは、
全ての国家権力の義務である。
(2) ドイツ国民は(中略)不可侵の、かつ譲渡し得ない人権を認める。
(3) 以下の基本権は(中略)、立法、行政および裁判を拘束する。

・・・・・・

ここで改めて1950年3月28日の南原繁東大総長の卒業式に
おいての講演内容を解説。配付資料あり。
岩波書店月刊誌『世界』所収
【世界の破局的危機と日本の使命】
サンフランシスコ平和条約(片面講話)締結前の情勢で。

石村さんは、この講演をリアルタイムで聴いたらしく、紹介も熱烈。

11:50 終了。

質疑応答

榊山 惇より
レジュメにある「ライヒ」と「ラント」の意味を教えてください。
➡️ 「ライヒ」はドイツ全体を示すドイツ語
「ラント」は州のような単位を示す。

話変わって、山本太郎さんの【れいわ新選組】が躍進しましたが・・・
➡️ 全然知りません。最近の情勢は入って来ない。

若い方より
当時の情報について
➡️ 日本軍がドンドン勝っていることは報道されていたが、
226事件については全く当時は知らされなかった。

私が高校生の時には図書館にマルクス・エンゲルス全集が置いてあり、
マルクス主義論争が活発に行われていた。
戦争が始まる3年前のことである。
戦時体制になる中で急に禁止されるようになった。
美濃部達吉の天皇機関説も当時は常識的な考えだったが
急速に禁止され大学を追われた。

今年いっぱいは何があるかわからない。
その時に今の人たちが立ち上がってくれるかどうか?
立ち上がってくれることを期待したい。

生存権について
➡️ 生存権は第二次世界大戦後に定着した。
ワイマール憲法でも規定はされていたが、社会保障として位置付け。
評価すべきでは無いと言う見解が一般的。

当時、ヒンデンブルグ大統領は絶大な権限を持っており
ヒットラーは、その権威を利用してのし上がって来た。
ヒンデンブルグ大統領死後、ヒットラーが権限を掌握。

12:30 終了




テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済

【平和のための戦争展 2019 】アクロス福岡2階交流ギャラリーで

2019年8月18日(日)

アクロス福岡2階の交流ギャラリーで開催している
平和のための戦争展2019を8月16日に見ました。

一階の福岡県戦時資料展とは違って
こちらは、被災者の視点だけでは無く
加害者としての視点からの展示も多く
日本国憲法、核兵器廃絶、沖縄米軍基地
そして福岡でも軍事基地化進んでいる
様子なども紹介しています。

まず冒頭に福岡市による名義後援返上問題から。


201908210151174fe.jpg
20190816_ACROS-FK-102.jpg
20190816_ACROS-FK-103.jpg
20190816_ACROS-FK-104.jpg
20190816_ACROS-FK-105.jpg
20190816_ACROS-FK-106.jpg
20190816_ACROS-FK-107.jpg
20190816_ACROS-FK-108.jpg
20190816_ACROS-FK-109.jpg
20190816_ACROS-FK-110.jpg
20190816_ACROS-FK-111.jpg

20190816_ACROS-FK-112.jpg
20190816_ACROS-FK-113.jpg
20190816_ACROS-FK-114.jpg
20190816_ACROS-FK-115.jpg
20190816_ACROS-FK-116.jpg
20190816_ACROS-FK-117.jpg
20190816_ACROS-FK-118.jpg
20190816_ACROS-FK-119.jpg
20190816_ACROS-FK-120.jpg
20190816_ACROS-FK-121.jpg

20190816_ACROS-FK-122.jpg


テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済

【福岡県戦時資料展 2019 令和元年】 を見る!

2019年8月17日(土)

 きのうアクロス福岡1階『円形ホール』で開催されている
【福岡県戦時資料展 2019 令和元年】最終日に訪問。

20190816_ACROS-FK-01.jpg


ホール外の共有ロビーでもパネル展を開催中

  県民から寄せられた当時の遺品などを写真で展示
20190816_ACROS-FK-02.jpg


  こちらは、「戦士広報」
20190816_ACROS-FK-03.jpg


円形ホールに入ると福岡市の
【核兵器廃絶と世界の恒久平和に関する宣言】の掲示。
20190816_ACROS-FK-05.jpg

続いて福岡大空襲の説明パネル
20190816_ACROS-FK-04.jpg

この悲惨な結果を招いた戦争への突入の経緯を簡単に説明するパネル
20190816_ACROS-FK-06.jpg
20190816_ACROS-FK-07.jpg
20190816_ACROS-FK-08.jpg

福岡大空襲の被災状況を表すパネル
20190816_ACROS-FK-09.jpg

当時の戦闘練習機(複葉機だった!)
20190816_ACROS-FK-10.jpg

【福岡県戦時資料展 2019 令和元年】は、
主として被災と特攻による戦死など被害者の視点であり、
加害者としての視点は弱いように思えました。

【裕仁天皇による 1945年8月15日 終戦の詔書】の複製品

20190816_ACROS-FK-11.jpg

20190816_ACROS-FK-12.jpg

20190816_ACROS-FK-13.jpg

20190816_ACROS-FK-14.jpg

20190816_ACROS-FK-15.jpg

戦争中の被災状況だけではなく、戦後の貧窮状態を示す遺品などの展示も
多数行われていました。

殆どの遺品は県民や関係者から展示の委託を受けたもののようでした。



テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済

敗戦74周年を迎え各地で『戦争展』開催 アクロス福岡でも二つの展示会

2019年8月16日(金)

今日8月16日から8月18日(日)迄
アクロス福岡の2階交流ギャラリーで
【平和のための戦争展ふくおか 2019】
が開催されています。

20190816_Nishinippon-01.jpg
西日本新聞でも【平和のための戦争展ふくおか 2019】を報道

同じくアクロス福岡1階の円形ホールでは
【福岡県 戦時資料展】本日8月16日迄

*************

【8・15 関連記事 紙面】


20190815_Nishinippon-04.jpg

20190815_Nishinippon-02.jpg

20190815_Nishinippon-05.jpg

20190815_Nishinippon-06.jpg

20190815_Nishinippon-03.jpg

20190815_Nishinippon-01.jpg



テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済

【「8.15」の落とし穴 悲しみの前には熱狂があった】日経新聞の論考の『落とし穴』

2019年8月15日(木)

 日本経済新聞の重要な視点と、その視点の欠陥!

「8.15」の落とし穴 悲しみの前には熱狂があった
日本経済新聞:論説委員会 大島三緒 - 2019年8月15日


➡ この論考は、戦争に熱狂した文化人や国民にも非があることを
強調して「なんと熱狂しやすい国民性だろう」と警鐘を発している
つもりなのだとは思いますが、皇国民教育と報道の統制そして
報道機関などの戦争協力キャンペーンが国民思想を洗脳したことを
捨象しているように見えます。
(論考の中では林芙美子や高村光太郎を批判しています)

結論的部分で【熱狂の代償の大きさを思わざるを得ない】と書き、
戦争の代償が庶民の熱狂の結果であるかのように描いています。

熱狂させた大本営発表とそれを垂れ流したマスメディアの責任は
最も大きいと言わなければなりません。

そして、それは現在も重要な反省点です。

 現在も政府主導の「非道な韓国キャンペーン」に報道が
協力する中で、国民も相当程度引き込まれている点には
注意する必要があることも、また確かであると思います。

     *****************

「8.15」の落とし穴 悲しみの前には熱狂があった
日本経済新聞:論説委員会 大島三緒 - 2019年8月15日

(長い論考から一部引用:順不同)
庶民も文化人も、熱に浮かされていたといえばそれまでだが、
なんと熱狂しやすい国民性だろう。

もちろん、それをあおったメディアの責任もきわめて大きい。

Nikkei_20190815-01.jpg
    戦果を報じた中外商業新報(現在の日本経済新聞)

前線と銃後それぞれの、おびただしい数の「美談」が紹介され、
人々は物語に酔ったのである。

ほとんどの国民が大本営発表に浮き立ち、勝った勝ったと興奮した。

こんな日常のなかで、戦争は泥沼化していった。
戦争とはある日突然始まるのではなく、
日常と重なりつつ進んでいくものだということがわかる。

そして、やがて迎えた「8.15」。

こちらののぞき窓から眺める戦争は、ただただ悲しい。
「暴支膺懲」の熱狂から8年、無一物となった日本人は
ようやく正気に戻るのである。

熱狂の代償の大きさを思わざるを得ない。

Nikkei_20190815-02.jpg
  日本経済新聞 - 2019年8月15日付けより


続きを読む

テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済

宮内庁が靖国神社150周年の天皇参拝要請を拒否! 大賛成!

2019年8月14日(水)

今朝の西日本新聞の記事から

靖国神社が去年の秋に、今年の150周年の祝賀に
明人天皇(当時)の参拝を求めたが
宮内庁はこの要請を拒否。

20190814_Nishinippon-01.jpg

1975年に当時の天皇(昭和天皇)が参拝して以来
靖国神社には行かず、千鳥ヶ淵戦没者霊園に参拝
されている。

それは、当時の皇太子(明人上皇)夫妻や
浩宮殿下(徳仁天皇)夫妻、秋篠宮殿下夫妻
にも引き継がれている。

Chidorigahuchi-Reien_2006Sep.jpg
    2006年9月11日(筆者撮影)

天皇一家は毎年、千鳥ヶ淵戦没者霊園に
参拝して慰霊を続けられている。

靖国神社と千鳥ヶ淵霊園は歩いてすぐの所にあるので
敢えて靖国神社に出向かないようにしているのは明らか。

靖国神社が1978年に東条英機などのA級戦犯を合祀した
ことに裕仁天皇も激昂したと言う。
これを契機にして靖国神社と距離を置いているようだ。

20190814_Nishinippon-02.jpg


私も2006年9月に靖国神社と千鳥ヶ淵霊園を訪れたが、
静謐な千鳥ヶ淵霊園と比べて靖国神社は仰々しく、
謂わば軍事博物館の方が主要側面となっていた!


【千鳥ヶ淵墓苑と靖国神社】
 JUNSKY blog - 2006/09/12(火) 19:34
http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-214.html



昭和天皇「私はあれ以来参拝していない」 A級戦犯合祀
 JUNSKY blog - 2006/07/20(水) 16:04
http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-149.html




テーマ:皇室 - ジャンル:ニュース

無責任東京電力 賠償にも応じず和解も引き延ばし!

2019年8月13日(火)

8月12日の西日本新聞記事から

無責任東京電力❗️
事故当事者としての責任を果たせ!

逆に原発運転の当事者としての資格全く無し。
それでも再稼働を進めるのか?!

国民の税金や東電利用者から莫大な金を使いながら
原発事故被災者に正面から向き合おうともせず
誠実さが微塵も感じられない非道な対応!

20190812_Nishinippon-04.jpg

福島第1原発ADR打ち切り急増
西日本新聞(共同) - 2019/8/11 21:00


20190812_Nishinippon-05.jpg

西日本新聞の公式サイトを検索してみましたが、
上の記事に相当する詳しいWEB記事は見つけられませんでした!

*****************

福島第1原発ADR打ち切り急増
西日本新聞(共同) - 2019/8/11 21:00


20190812_Nishinippon-06.jpg

 東京電力福島第1原発事故の賠償を求め住民が申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、国の原子力損害賠償紛争解決センターの和解案を東電が拒否し、センターが手続きを打ち切るケースが2018年から急増している。センターは、東電が和解に応じず膠着状態となり、解決の見込みがないまま手続きが長期化したことから、住民に訴訟も検討してもらうための対応だと説明している。

 東電は賠償への姿勢を14年に示した「三つの誓い」で「和解案を尊重する」と表明している。住民側の弁護団は誓いを実行していないとして東電を批判している。



*****************

【関連記事】
(ただし、上のニュースとは直接関係ありません)

原発事故8年 傷癒えぬ福島 被災者証言映画3月公開
 佐賀出身・土井監督、語りで現実伝える

西日本新聞 - 2019/2/19 17:00
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/488067/


 東京電力福島第1原発事故の被災者14人の証言を集めた、土井敏邦監督(佐賀県出身)のドキュメンタリー映画「福島は語る」が事故から8年を迎える3月、福岡、佐賀両市など全国12の映画館で一斉公開される。未曽有の事故であっても風化はいや応なく進む。映像に映し出された表情や言葉の多くは、積み重なった歳月が被災者を逆に追い詰め、再生が容易ではない現実を突き付けている。

避難、困窮 離れる家族の心

 映画製作のきっかけは2014年春、東電幹部の刑事責任を追及する福島原発告訴団の集会だった。土井監督は、参加者の証言に心を動かされ取材を始めた。4年かけて約100人の話を聞き、被災者14人を選んで2時間50分にまとめた。人々の語りだけで原発事故の恐怖を伝えた、ノーベル文学賞受賞作家スベトラーナ・アレクシエービッチ著「チェルノブイリの祈り」に触発され、大半をインタビュー映像で仕上げた。

 心の奥の傷を吐露する14人の証言は「時が癒やす」という想像すら打ち破る本音が凝縮されている。

 母子避難した女性は「子の健康を願う覚悟を夫は分からない」と離婚の危機を語り、顔を覆う。別の避難者は、福島に残った人との関係悪化を悲しむ。

 首都圏の自助団体の女性は、経済苦から働きづめで病気になり、子どもと避難した自らの決断を責める母親の声を代弁する。「子に『みんなとばらばらになったのはお母さんのせいだ』と言われたら」

 行政の住宅提供の打ち切りなどが不安な思いに追い打ちを掛ける。日増しに状況が悪化し自死者も出る「その後」があらわになる。

 避難先の生活に慣れた頃、主婦は新たな友人から「毎月(慰謝料)10万円もらってる? 私たちの税金から出てるんでしょう」と言われ、傷ついた。「こたえましたね。今でも悔しい」と涙が止まらない。

 福島県双葉町から避難先の小学校に転校した女子児童を見守る教師は語る。「親友と思ってる子が豹変(ひょうへん)して“放射能”と言ってきたり、親の車にいたずらされたり…」。児童は、故郷を秘密にする処世術をいつの間にか身に付けたという。

人生閉じた息子の“覚悟”

 同県飯舘村で苦労して立ち上げた石材加工会社が軌道に乗り、後継の息子も手伝い始めて間もない頃に被災した男性。別の避難先で1人暮らししていた息子の遺体発見時の様子を静かに語り始める。

 「(息子は)部屋の中をきれーいに、ごみひとつない状態で片付けて、横になってた、っていうのは、誰にも言ってないですよ。あっ、覚悟の上だな、っていうふうに、私は見た瞬間分かりましたね」

 「こんな狂った人生になっとは、夢にも思わなかった。思わなかった。いままで涙流した時、ねえ(ない)。息子亡くなった後、がまんしていた。がまんしていた」

 弱音は吐けないと封印していたという、心の奥底からの叫びが涙とともにあふれ出す。土井監督は「これまで撮ったことのないようなシーンだった。(男性が)語らずにはいられないタイミングに遭遇した」と振り返る。

「『生きる指針』奪われた心の傷、言葉で可視化」

 全国が東京五輪ムードに浮き立つ中、復興ぶりが伝えられ、一見平穏に戻ったかに見える福島。しかし、ひたすらに続く14人の声が連なる先に、その内実がはっきりと像を結んで迫ってくる。分かったつもりでいた鑑賞者に、旧来の理解の浅薄さを感じさせるような力が作品には宿る。

 「原発事故で人生を狂わされ、夢や未来を奪われ、家族や共同体の絆を断ち切られ、『生きる指針』さえ奪われた心の傷はなおうずいている。被災者の言葉でそれを可視化し、事故を忘れつつある社会に届けたかった」。土井監督の言葉には事故を終わったことにしたい「政治」への強い怒りも込められている。

   ◇    ◇

 佐賀市のシアターシエマは3月8~14日、
 福岡市のKBCシネマは同11、14の両日に上映予定。

 ▼どい・としくに 1953年、佐賀県牛津町(現小城市)生まれ。ジャーナリスト。ドキュメンタリー映画の代表作は、4部作「届かぬ声-パレスチナ・占領と生きる人びと」の第4部「沈黙を破る」▽「飯舘村 放射能と帰村」など。

=2019/02/19付 西日本新聞夕刊=




テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

国会に大きなムーブメントをもたらした【れいわ新選組】の革命!

2019年8月12日(月)

 重度の障害を持つが明確な意見を持つお二人を国会に送り込んだ
山本太郎氏の行動は、ある意味『新しい革命』だと私は考えます。

 国会議事堂が建築的に改造されるだけではありません。

 野党はもちろん与党も取り込んで対応せざるを得ない状況を
造り上げているのですから。

 当初「国会の予算を二人だけの為に使うのは如何なものか?」と
差別意識丸出しで攻撃していた時代遅れの国会議員もいましたが
今や、そういう差別的な発言が『恥』であることが認識され始め
声高に発言し続けることさえできなくなっています。

 時代遅れの国会議員の意識に痛打を浴びせたと云う点でも
【壮大な無血革命】だったと言えるでしょう。

 国会で船後靖彦議員のサポートをする佐塚みさ子さんへの
インタビュー「政策より意識変えたい」が今日(8月12日)の
西日本新聞に掲載されていました。


20190812_Nishinippon-02.jpg

次は、いわゆる議会のバリアフリー化への九州での取り組みを検証する記事。

20190812_Nishinippon-01.jpg

上の記事の関連記事で、実際に障害を持つ大牟田市の議員の意見

20190812_Nishinippon-03.jpg

*********************

話変わって、日本ジャーナリスト協会が招待した
山本太郎さんの記者会見の様子。




落ち着いた口調で時にはジャーナリストの怠慢を暗に指摘する
部分もあるなど説得力ある発言が続く!(2時間弱)

******************

ちょっと方向性が変わって、【れいわ新選組】の比例代表得票率を
市区町村別に比較した 【TOP40】 自治体の一覧表。

Reiwa_Up40.png

沖縄の創価学会員を東京選挙区から立候補させた効果が
明瞭に出ている。

【れいわ新選組】の得票状況を自治体ごとに細密に分析。
前回衆議院選挙時(2017年)に発足した【立憲民主党】に
期待した有権者の票が今回は【れいわ新選組】に移動した
と云うのがアウトライン(細かいとことは元記事参照)
日本共産党・社民党からの大きな移動は無かったとのこと。

衆議院比例ブロックや小選挙区単位の分析は見たことがあるが
市町村単位まで分解した詳しい分析は初めて見た!

どれだけの時間と労力を掛けられたことだろう!
努力に敬服いたします。

この分析の元記事は、こちら (↓)


立憲民主党の票はれいわ新選組に流れたのか
(第25回参院選精密地域分析Part1)
三春充希(はる) ⭐みらい選挙プロジェクト

2019/08/12 19:21



テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

次のページ