JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

ニッサンの出荷時検査不正 38年前から!

2017年11月18日(土)

以下の記事では、
『経営陣は実態を把握できず、長期間にわたる不正を許す結果になった』
と書かれているが、38年間も気付かなかったとかで許されるものでは無く
実態を把握できなかったはずもなく、おそらく経営側から主導して
実行していたものと思う!
品質管理部門の長は、通常経営陣の取締役クラスだが、
ニッサンでは、経営陣に入っているか如何かは不明である。
品質管理部門長は、当然知っていたはずであり、
経営層にそう云う事態は伝えていたはずであるから
経営陣が把握していなかったとか、有り得ない!

日産無資格検査 38年間 報告書、幹部処分発表せず
毎日新聞 ー 2017年11月17日 23時42分
日産自動車は17日、国の規定に反して無資格の従業員が完成車の検査に関わっていた問題で、実態調査の結果や再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。報告書によると無資格検査は、38年前の1979年から栃木工場(栃木県上三川町)で行われていた可能性があり、90年代には全6工場のうち5工場で常態化していた。経営陣は実態を把握できず、長期間にわたる不正を許す結果になった。

201711182220468d9.jpg

20171118222045bd5.jpg

2017111822204342a.jpg
スポンサーサイト

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

高校生 国連平和大使のスピーチを妨害した核兵器保有国は 中国だった!

2017年11月17日(金)

20171118221529b12.jpg

20171118221528505.jpg

20171118221525d7e.jpg

テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済

『日本未来の党』のその後を予感させる『希望の党』の終幕!

2017年11月16日(木)

未来が無かった『日本未来の党』 
希望が絶望になった『希望の党』


 前々回の総選挙の頃だったか、嘉田・滋賀県知事などが中心となって
『日本未来の党』が急遽結成され、『瞬間風速的』には“一世風靡”した。

 (私のブログ記事履歴を見ると2012年の総選挙の時だ)

 その際には、後出しジャンケンにも拘らず、日本共産党に候補者を降ろすように
市民運動風の人々をけしかけて、政党としての矜持を護った共産党に対して、
いわゆる“炎上”のような一斉攻撃が加えられたりした。

 いま、その名前さえ知っている人は殆ど居ない。
小池劇場が始まった時に、マス・メディアが『日本未来の党』が消滅に至った
経緯を取り上げることも無かったほど忘れ去られた政党であった!


 今や『日本未来の党』は影も形も無く、党員も一人も居ない消滅政党。
僅か、5年前の出来事なのに完全に忘れ去られた状態。

 小池百合子が『希望の党』を立ち上げた時にも私は同様の印象を持った。

『希望の党』を野党と思っている市民運動の方へ ウルトラ右翼の政党です!
 JUNSKY blog 2017 - 2017年9月30日(土)
 

(長い投稿から最後の方の一部を引用)

今回の『流れ』は、古くは「新自由クラブ」の躍進、近年では
「維新の会」の躍進、少し前の選挙時の「日本未来の党」
への期待感等など
何度も繰り返されてきた現象で、その後数年で『化けの皮』
ないし『メッキ』が剥げ落ち今や殆ど消滅しています。
「未来の党」などは、そんな名前の政党が有ったのか?!
と思われるほどです。つい最近の話なのに。


再度言いますが、ナチスのようなウルトラ右翼の進出を
許してはなりません!!!
ヨーロッパでは、どうにかファシストの大進出を抑え込んでいます。
ファシスト『希望の党』そして自民党の躍進を許してはなりません!!



 おそらく来年にはほぼ忘れられ次の総選挙の時には存在しないだろう!

 小池『希望の劇場』の無残な終幕について毎日新聞は社説に取り上げた。

     *************

 以下は毎日新聞の社説

希望の党の小池代表辞任 身勝手さが拭えぬ結末だ
 毎日新聞【社説】- 2017年11月16日


     *************

 『日本 未来の党』が 『瞬間風速的』に“一世風靡”したことは、このブログの
過去記事で多くの『批判的』投稿をしていることでも判る。 (十数本の履歴有り)
  以下、その一部のリンクを掲載 (降順:比較的新しいものから順に)

民進党解党騒動で衆議院選挙も泥沼に!
 期待できるのは日本共産党だけ!

 JUNSKY blog - 2017年9月28日(木) 


1年前に 『日本未来の党』 が結党1ヶ月で分裂瓦解!
 『結いの党』 は いつまで?

 JUNSKY blog - 2013年12月27日(金)

  『結いの党』 も既に消滅しているが、この名前さえ早くも忘れ去られている! 

(一部引用)
 1年前に書いた記事は、
未来が無かった 『日本未来の党』 1ヶ月もたず嘉田派と小沢派に分裂
   と言う記事だった。
 総選挙に大敗して、総選挙目当てに急遽設立した『新党』が無残なまでの大敗北を来し、他党から鞍替えした多数の現職議員を落選させたことの後遺症だ。

 この数年、毎年、年末近くになると『新しい党』が設立されるが、今後も続いて存在する政党が幾つくらいあるだろうか?

 大体、年末に急遽設立される『政党』は政党助成金が目当てである。

 今回設立された『結いの党』も政党助成金目当てであることは
明々白々!

 去年『維新』に入れたら、いつのまにか『太陽の党』(数日の寿命だった)と合流して挙げ句の果てに石原慎太郎に乗っ取られたことも有権者は覚えている。

 そういう訳で『結いの党』は、『太陽の党』よりも多少は寿命が長かった
かも知れないが、来年の春を過ぎて残っている可能性はあまり無いと思う。



『日本 未来の党』 旗上げから1年
 既に 『雲散霧消』 あれは何の悪夢だった?!

 JUNSKY blog - 2013年11月29日(金)


『日本未来の党』は1ヶ月で消滅!
 政党助成金」の奪い合いで最期のバトル 小沢が勝ち嘉田を追放

 JUNSKY blog - 2012年12月28日(金)


未来が無かった 『日本未来の党』 1ヶ月もたず嘉田派と小沢派に分裂
 JUNSKY blog - 2012年12月27日(木)
 

(一部引用)
 『日本未来の党』 が、1ヶ月もたず嘉田派と小沢派に分裂した。
  (『日本未来の党』発足は、11月28日とのこと)

 先日友人の呼びかけで参加した 【緑の党】の参議院選挙候補者擁立
の集会では、多くの人々が(と云っても参加者僅か20人ほどだったが)
先だっての総選挙では『日本未来の党』に入れたらしい。 

 それはそうとして『日本未来の党』が発足した時は、脱原発の人々は
大いに期待したことが 『つぶやきサイト』への投稿でも解った。

 いずれにせよ『日本未来の党』に入れられた票は全て死票となった!



『未来』 は 惨敗 『復古(維新)』 を 凌駕できなかった!
 JUNSKY blog - 2012年12月17日(月)


【日本未来の党】 早くも 『卒原発』方針 後退!
 /山本太郎 遂に立候補!

 JUNSKY blog - 2012年12月01日(土)


【日本未来の党】 旗揚げの胡散臭い舞台裏が少しづつ明らかに
 JUNSKY blog - 2012年11月28日(水)


下記は 2012年11月27日【日本未来の党】 旗揚げ時の投稿記事

NihonMirainoto_20121127.jpg
  滋賀県の嘉田由紀子知事は27日午後、大津市内で記者会見し、
  「卒原発」を掲げる新党「日本未来の党」を結成する意向を表明した。
  写真は、ロゴマークを発表する嘉田知事(右)と代表代行に就く飯田哲也氏。
          【時事通信 2012年11月27日(火)17:49】

『卒原発』掲げ 【日本未来の党】 旗揚げ
 賛同人に坂本龍一・鳥越俊太郎氏ら

 JUNSKY blog - 2012年11月27日(火)
 

(一部引用)
 亀井某、河村某、小沢某などの 旧勢力(老人)の流入で、若干の
イカガワシサや胡散臭さが漂うが、『卒原発』 で、全国で「No Nukes !」
活動を行なっている無党派層の結集を狙って、嘉田滋賀県知事の新党
「日本未来の党」 が旗揚げをした。 

昨日第一報を聞いての私のつぶやき 

JUNSKY ‏@junsky2010
 滋賀県の嘉田知事は近畿の水瓶「琵琶湖」を預かっているので、若狭湾で原発が事故を起こすと水が断たれるとの強い思いがあるのだろうと思う。しかし選挙目当てで俄に『脱原発』を言い出した諸党と連携できるのか?
【NHK】脱原発を目指し連携方法を検討
http://nhk.jp/N44k5luX  
  2012年11月26日(月) 午後6時


  (以下略)



     *****************

  続きを読む

テーマ:小池百合子 - ジャンル:政治・経済

小池百合子 『希望の党』 を投げ出し! 無責任この上ない!!!

2017年11月15日(水)

 おととい、小池劇場は東京でも決定的に終幕を迎えたらしい! (11/13)
 と云う記事を投稿したのも束の間!

 昨日の夜には、小池百合子が 『希望の党』 を投げ出した!
と云う話しが、TV各局のニュース番組を駆け巡った!

 「衆議院選挙や葛飾区議選での惨敗の責任を取って辞任!」
と云うよりも、将来に『希望』が持てずに「投げ出した」 と云うのが
実態を押さえているだろう!

SBSH4302.jpg
     (西日本新聞 - 2017年11月15日付け;以下同様)


 投げ出しそうだと云う話しは、昨日の午後からWeb上では聞こえていて、
私も facebook に、以下の投稿をしたのだが・・・

 なんだったの??? と云う感じ!
 思い付き!気儘!場当たり!付け焼刃!
 無責任おばさんの面目躍如!
 まぁ全面敗北宣言と云う処か!!!

******************
希望の党 小池都知事が代表辞任の意向
 毎日新聞 - 2017年11月14日 16時27分


 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が14日、同党の代表を辞任する意向を周囲に伝えていることが分かった。関係者が明らかにした。同日夕に行われる希望の党両院議員総会で表明する見通し。衆院選の敗北の責任を取って辞任し、都政に専念するとみられる。【円谷美晶】



 その後の、両院議員総会で、『投げ出す』ことを表明したと云う!

 辞任と云うより、この西日本新聞の見出しにあるように
【「希望」しぼみ投げ出し】 が、まさにふさわしい!


SBSH4306.jpg

 民進党逃亡組が準備してきた『日本ファースト』の不人気ぶりを
リセットして 『希望の党』 として結党してから1年半ならぬ1ヶ月半で
代表を辞任と云うか、『絶望の党』から逃げ出す無責任ぶり!

SBSH4309.jpg

 地盤も鞄も無く、小池百合子と云う『1枚看板』で立候補して落選させられた
二百名近い衆議院選挙立候補者は、財産も信用も看板も失って路頭に迷う!

 落選し死屍累々の候補者に対しても、如何にか当選した議員に対しても
 『希望の党』 と云う政党に対しても極めて無責任な態度であり、
政治家としても全く信用できないヤカラである!

SBSH4310.jpg

   **************

希望の党 小池代表辞任、分裂加速か 「投げ出し」批判も
 毎日新聞 - 2017年11月15日(水)

   (この毎日新聞の記事は、結構詳しい:このブログ投稿の末尾参照)

今朝の西日本新聞 Web 記事には【「希望」しぼみ投げ出し】との記事は
見付からなかった!! 記事も短い。 何か忖度しているのか? (笑)

希望の小池百合子代表が辞任 都政専念、後任は玉木雄一郎氏
 西日本新聞 - 2017年11月14日 18時19分
 

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は14日の両院議員総会で、代表辞任の意向を表明した。「代表の座を降りて皆さんをサポートしたい。玉木雄一郎共同代表にこの後を任せたい」と述べ、了承された。幹事長に古川元久衆院議員を起用するなど新執行部を承認した。小池氏は先の衆院選が不振に終わり、求心力が低下。都政に専念する考えに傾いたとみられる。「一枚看板」の小池氏が退くことで、希望の党運営が不安定化する可能性がある。

 総会終了後、小池氏は辞任について「玉木執行部が船出するのを見届け、創業者としての責任をひとつ終えた」と記者団に強調した。



希望が小池代表辞任を了承
 西日本新聞 - 2017年11月14日 18時42分
 

 希望の党は14日の両院議員総会で、小池百合子代表の辞任と、後任に玉木雄一郎共同代表を据える人事を了承した。小池氏は「玉木執行部が船出するのを見届け、創業者としての責任をひとつ終えた」と記者団に語った。




続きを読む

テーマ:小池百合子 - ジャンル:政治・経済

「高校生平和大使」の国連演説を『核兵器保有国』が阻止! 西日本新聞報道

2017年11月14日(火)

 今日の西日本新聞の1面TOPの記事は、同社のスクープだった!

 情報公開で開示させた黒塗り情報から解析したと云う。

SBSH4288.jpg
   高見沢将林軍縮大使が岸田文雄外相に報告した公電
      (11月14日付け西日本新聞紙面より:以下同様)

 それによると、国連の【ジュネーブ軍縮会議】で1998年から毎年行われてきた
高校生による「核兵器廃絶演説」が、『核兵器保有国』の横槍で阻止された
とのこと。
 それが、どの国であったかは『黒塗り』されていて不明である。

SBSH4289.jpg

【ワードBOX】高校生平和大使

 核兵器廃絶を求める署名を集め、国連へ提出する高校生。1998年、長崎の2人が反核署名を携えて米ニューヨークの国連本部を訪ねたのが始まり。市民団体「高校生平和大使派遣委員会」が毎春、被爆地の広島や長崎を中心に公募で選ぶ。2013年以降は外務省の「ユース非核特使」の委嘱を受け、14年からは夏に国連欧州本部(ジュネーブ)での軍縮会議本会議場で代表者がスピーチをしてきたが、今年は見送られた。代替措置として日本政府代表部主催のレセプションで、3人の高校生が各国外交官ら約60人を前にスピーチした。
  (西日本新聞 - 2017年11月14日付けより)



 なんと「高校生に退出要求もできる」と『核兵器保有国』が日本に圧力を掛け
弱腰の日本政府はこれに屈服してしまった。

 日本が、どの国の『属国』であるか?を考えれば、この『核兵器保有国』が
どの国であるかは容易に想像できる。

SBSH4294.jpg


 背景には、今年7月に国連で圧倒的多数によって採択された
「核兵器禁止条約」への『核兵器保有国』への抵抗があるようだ!

SBSH4292.jpg

■背景に核禁止条約も

 鈴木達治郎・長崎大核兵器廃絶研究センター長の話 高校生のスピーチをここまで強く阻むのは異常だ。昨年までは容認していたことを考えると、核兵器禁止条約制定の動きも踏まえて核保有国が被爆国・日本に核保有国寄りの態度を鮮明にするよう圧力をかけたのではないか。スピーチを例年通りに行うと、軍縮会議の円滑な運営に影響を与えるリスクはあるが、公の場でスピーチに抗議するほどの理由があるとは思えない。日本として堂々と主張を貫く選択肢もあったかもしれない。「核なき世界」への日本の立ち位置をもっと明確にし、核保有国と非保有国の橋渡しのための政策をきちんと作っていくべきだ。
  (西日本新聞 - 2017年11月14日付けより



「高校生に退出要求もできる」核保有国が日本に圧力か
 平和大使の演説阻止 外務省公電で判明

 西日本新聞 - 2017年11月14日(火) 9:30配信


SBSH4296.jpg

若者の思い「政治が翻弄」 平和大使演説阻止へ圧力
 「核の傘」依存 長崎の関係者落胆

 西日本新聞 - 2017年11月14日(火) 6時00分


SBSH4287.jpg

 高校生平和大使の演説が見送りになったと云うニュースは、
その当時も核廃絶を求める人々の間では怒りを込めて話題になった!

「20代目の節目なのに」 
 高校生平和大使の演説見送り、長崎から落胆の声

 西日本新聞 - 2017年08月20日 (日) 9時27分


続きを読む

テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済

小池劇場は東京でも決定的に終幕を迎えたらしい!

2017年11月13日 (月)


これは、日刊ゲンダイの記事から。

東京都葛飾区の区議会議員選挙で都民ファーストの会から
立候補した5人の内、元・民進党の現職1人以外は落選した
とのこと。 解散総選挙での惨敗の影を引いているようだ。

小池劇場の終焉が決定的に 葛飾区議選で都F5人中4人落選
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/217572
日刊ゲンダイDIGITAL ー 2017年11月13日(月)

「小池劇場」終焉がここでも決定的となった。

 12日投票の東京・葛飾区議会議員選挙(定数40・立候補者59人)が13日午前開票された。小池百合子都知事が事実上率いる「都民ファーストの会」は、擁立した公認候補5人のうち当選は民進党から移った現職1人のみで、新人4人が落選となった。

「都民ファーストの会」は今年7月の都議選で50人中49人が当選という大勝利を収め、その勢いに乗って、都内の自治体の首長選や議員選挙に候補者を積極的に立てていく考えを示していた。その最初の区議選でこの惨憺たる結果では、お先真っ暗だ。

 先月の衆院選で小池知事が立ち上げた「希望の党」が大惨敗した影響がモロに出たともいえる。今回の区議選では、小池知事は応援演説などで街頭に立つことは一度もなかった。



続いて日刊スポーツの記事から

都民ファースト失速、葛飾区議選5人擁立も当選1人
日刊スポーツ ー 2017年11月13日(月)
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201711130000403.html

 小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」が、7月の都議選後、初めて地方選に候補を擁立して注目を集めていた、東京都葛飾区議選は13日、開票(12日投票)された。

 定数40に対し、59人が立候補。都民ファは、公認候補5人を擁立したが、1人しか当選できなかった。

 「姉妹政党」の希望の党が衆院選で失速したのに続き、小池系勢力は7月の都議選で圧勝したはずの東京都内の区議選で、惨敗する結果になった。

 当初、都民ファの公認を得ながら辞退して出馬した女性候補は当選。また、同様に公認を辞退し、小池氏や都民ファとたもとを分かった音喜多駿都議、上田令子都議が応援した男性候補も当選した。

 音喜多&上田コンビが支援した別の女性候補も、当選した。

 今回の結果は、小池氏や都民ファの今後に影響する可能性がある。





テーマ:小池百合子 - ジャンル:政治・経済

アメリカは北朝鮮への対話ルートを持っているのに!安倍晋三の孤立!

2017年11月12日(日)

トランプ大統領は、は北朝鮮に対して最も強硬そうに振舞っているが
アメリカは、北朝鮮との裏窓口を持っていて密かに交渉している!

北朝鮮が60日間、核兵器開発などを停止すれば交渉を求めている
と解釈できると云うことらしい。

日刊ゲンダイの報道。


安倍首相は孤立 米ロが裏で握っていた北対話再開シナリオ
 日刊ゲンダイ ー 2017年11月12日

 潮目が一気に変わるのか。核・ミサイル開発を強行する北朝鮮をめぐり、対話再開のアドバルーンが打ち上げられた。米紙ワシントン・ポスト(電子版)が報じた米国のユン北朝鮮担当特別代表のオフレコ会合での発言で、北朝鮮が核・ミサイル開発を60日間停止すれば、米国は直接対話に向けたシグナルと見なす考えを示したという。北朝鮮は9月15日のミサイル発射以降は武力挑発を控え、沈黙を守っている。

「北朝鮮問題のキーパーソンは北朝鮮外務省の崔善姫北米局長、ロシアのブルミストロフ特任大使、ユン代表の3人です。崔局長は9月末にモスクワを長期訪問し、ブルミストロフ大使と核・ミサイル問題への対応を協議している。ベトナムで開催中のAPEC首脳会議は、北朝鮮をのぞく6者協議関係国のトップが顔をそろえています。トランプ大統領はアジア歴訪を終える14日にも、北朝鮮のテロ支援国家再指定について結論を出すとみられている。このタイミングでユン代表の発言が流れたのは、米国が対話再開にかじを切る用意があるとのメッセージです」(外交関係者)

日米首脳会談で「圧力を最大限まで高めていくことで完全一致した」と高揚した安倍首相は、完全にハシゴを外された。2泊3日のベッタリ接待で空手形をつかまされ、“取引”したのは米国製防衛装備品の大量購入。ビジネスマンのトランプは日本を飛び立った途端にトーンダウンし、韓国では「軍事的行動ではない全ての可能な手段を使ってこの問題を解決する」にとどめ、圧力強化に反対する中国では「経済的な圧力を強めていくことで一致した」と後退した。





テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

【民主主義社会と報道の自由】 福岡市東区 なみきスクエア にて

2017年11月11日(土)

今日は、近くで開催された下記のイベントに参加!

20171111184319f88.jpg

100名近い参加者で会場の 『なみきスクエア 視聴覚室』は、
補助椅子を出すほどの満杯。

NHKの問題点を中心に現在のマスメディア報道の偏向を学びました。

講師のホロコースト研究者澤田愛子さんの話では、現在の日本の状況は、
ナチスが独裁至る前夜の状況に酷似しているとのことでした。

2017111118432134e.jpg


【民主主義社会と報道の自由】
福岡市東区 なみきスクエア 視聴覚室にて
NHKを考える福岡の会 – 2017年11月11日(土)14:00 〜
澤田 愛子 生命倫理・ホロコースト研究者

この会場を小さな公民館の二階かと思ってたら、
こんな立派な建物でビックリした。

公共放送であるNHKがとんでもない。
なんとかしなきゃならないと思って講演をお引き受けした。

大学のレジュメのような資料10枚になってしまったが、
自らの勉強も兼ねて作成しお配りしている。

若い人は新聞も読まないしテレビも見ない。
殆どの情報はスマホ。
籾井問題も全く知らない。籾井って誰?と云う反応。

敢えてテレビの中で何を信頼しますか?と訊くと
殆どがNHKと答える。

若い層で無い層でも新聞報道記事は読まれていない。
そう云う層の情報源はテレビ。

【加計学園問題】
結局、設立認可の方向。
設置審議会の会長は立教大学・学長。
加計孝太郎は立教大卒。
最高裁判事の国民審査に掛けられた判事の東大以外の
判事は唯一立教大卒。

【座間事件問題】
自民党はこの事件に乗じて、Twitter規制に乗り出した。
NETは、結構批判の自由があった。
一方ではフェイクニュースもあり、
ネトウヨによる根拠のない誹謗中傷もある。
メディアが萎縮し、真実や事実を伝え無くなった。
その中でSNSには真相に迫る処があった。
SNSの言論規制まで始めたら日本の言論はおしまいです!

この国のファシズムは進行して言論の自由は首の皮一枚でしか無い!

【自民党圧勝について】
1.小選挙区制度。
2.投票率の低さ。有権者の半分しか投票しない。
3.創価学会の票。 これが無ければ自民党は半減。

『圧勝』を民意として、野党の質問時間を減らす!

司法の独立も形骸化。

此処までは前振り。

此処からが本論。

民主主義を守る砦は報道の自由。
これが無くなれば、民主主義は崩壊。
正確な情報の提供と権力の監視が使命。

朝日新聞も凋落している。批判や怒りが無い。
朝日の幹部が安倍晋三と会食。
他の報道機関も同様。

消費税の軽減税率を狙って権力にゴマスリ。

大新聞はダメ。

まともなのは、東京新聞、神奈川新聞、河北新報、
沖縄の二紙、そして赤旗 程度。

民主主義国では、政府への怖れも政府からの恩恵も無し!

朝日新聞記者がセクハラをしたと云う報道も公安が尾行してリークした情報であるに違い無い。

放送法第2条第3条は、報道の自由に関して重要だが、
NHKは完全に違反している。

放送局の許認可権限を国家権力である総務省が握っている。
5年ごとの免許更新があり、放送局はそれを怖れている。
高市総務大臣発言以降、ビビっちゃってどうにもならない。

選挙報道が少なくなって来ている。

『公正報道』に関する総務省からの通達。

安倍晋三は、国民には横柄だが、
トランプには平身低頭・卑屈で恥ずかしい状態。

ペコペコ・ペコペコしている。

東京在住の米国人が、反トランプデモをやったが、
日本人のレイシストが星条旗を掲げてこれに反対した。

百田尚樹とか高須氏とかが、ホロコーストは無かった、南京大虐殺は無かったとか言っている。
高須クリニックの高須氏は米国の美容整形学会から追放された。

報道の自由の国際ランキング

民主党政権時代は、11位だった。
安倍政権ではドンドン下がり、72位。

【籾井会長問題】
経営委員会が百田尚樹、長谷川、籾井など安倍晋三のお友達を集めた。

数多くの問題行動や発言を紹介(略)
反籾井運動の状況。

此処までで1時間経過(15:00)



続きを読む

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

スターフライヤー 顧客満足度 連続TOP とのこと! 常連として嬉しい!

2017年11月10日(金)

スターフライヤー 顧客満足度評価 トップとのニュース!

20171110215855cd9.jpg

https://www.starflyer.jp/brand/jcsi/2017/

2017年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査 国内航空
顧客満足度9年連続「第1位」の評価をいただきました

スターフライヤーは「2017年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において、国内航空業種で9年連続「第1位」の評価をいただきました。これは大変名誉なことであり、今まで支えてくださった皆様に心より御礼申し上げます。

これからも『感動のあるエアライン』スターフライヤーとして、お客さまにご満足いただけるように、サービスの向上に努めてまいります。

詳細はサービス産業生産性協議会の下記のホームページでご覧いただけます。
http://activity.jpc-net.jp/detail/srv/activity001518/attached.pdf

※「国内航空業種」では9年連続、「国内長距離交通部門」では8年連続
「第1位」の評価を受けております。

▼スターフライヤーの顧客満足度ページはこちら
https://www.starflyer.jp/brand/jcsi/2017/



東京出張などの折は、活用している常連としては嬉しい!

SNS上では、お骨箱を抱えたお客様のお骨箱を、乗客として
待遇し、その方の横の座席に座って頂いてシートベルトを
掛けてあげたと云う『神対応』が話題になった会社。

20171110215857563.png


一方では社名は書かないでおくが、車椅子の障害者を
手助けもせずに自力で階段を登らせたけしからん会社もあって
対照的であった記憶がある。

スターフライヤーは、乗務員の対応が良いだけではなく、
普通席にフットレスト ・ ヘッドレストそして、オンデマンドの
ビデオサービスもある(機種にも寄るかも知れないが)。
これは、上々のサービスだと思う。




テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

神奈川新聞による山尾志桜里さんへのロングインタビュー

2017年11月9日(金)

望月衣塑子さんのツイートから
山尾志桜里さんへのインタビュー記事を知る。

WEB版で、三分割の長いインタビュー記事。
神奈川新聞の田崎 基 記者による力の入った取材。

これからの国政、国会で何を問い、政権と闘い、どう政治を変えていきたいのか。山尾志桜里議員の政治への思いと情熱がほとばしるロングインタビュー。取材した神奈川新聞 田崎 基記者、流石です。

いまの心中をロングインタビューで聞きました。入魂!

山尾志桜里氏 顧問に弁護士倉持氏
kanaloco.jp/article/289405
むき出しの好奇心「屈しない」 山尾志桜里氏が語る
「熾烈なメディアスクラムを受けた衆院議員、山尾志桜里氏は孤高の境地に立っていた」

山尾志桜里さんへのロングインタビュー(上)
時代の正体〈549〉むき出しの好奇心「屈しない」
 山尾志桜里氏が語る(上) 
http://www.kanaloco.jp/article/289405
2017年11月7日(火) #神奈川新聞 

山尾志桜里さんへのロングインタビュー(中)
時代の 正体〈550〉感じた切実な「子育て支援」
 山尾志桜里氏が語る(中)
http://www.kanaloco.jp/article/289685

山尾志桜里さんへのロングインタビュー(下)
時代の正体〈551〉改憲論議に先手打つ
 山尾志桜里氏が語る(下)
http://www.kanaloco.jp/article/289883





テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad