JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

自民党の穴見陽一衆院議員が参考人として陳述中の癌患者に野次で中傷!

2018年6月22日(金)

受動喫煙を防ぐために一定規模以上の飲食店などに禁煙を強制する
受動喫煙防止法(通称)についての参考人質疑の場で発言していた
肺癌患者に自民党席から卑劣な中傷ヤジが発せられた。

自民議員、国会でがん患者にやじ 受動喫煙巡り衆院厚労委で
西日本新聞 ー 2018年06月21日12時58分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/426386

20180622223620a99.jpg

その野次を叫んだのは大分1区選出の穴見・衆議院議員であることが判った。

がん患者へのやじ認め衆院大分1区選出の穴見議員が謝罪コメント
西日本新聞 ー 2018年06月21日 15時47分
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/426419

2018062222362174a.jpg

穴見議員は、ファミレス・チェーン 『ジョイフル』の代表取締役だと言う。

ジョイフルを利用するのはやめにしよう!

がん患者野次を浴びせ掛けたのに穴見衆議院議員は「大分がん研究振興財団」
の理事を務めていたと云う。 お飾り理事の名誉職だったのだろう。
がん患者の想いを全く理解していないようだ!

この野次の責任を取って理事を辞任したらしい。 当たり前だろう!!!


穴見氏、大分がん財団理事を辞任 国会参考人患者へのやじで
西日本新聞 ー 2018年06月22日16時14分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/426736


スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

【ナチス・ドイツ あなたなら抵抗したか】毎日新聞

2018年6月21日(木)

 きのうに引き続き、今日も毎日新聞のニュースメールの見出しに衝撃!

  【ナチス・ドイツ あなたなら抵抗したか】


毎日新聞ニュースメール
https://mainichi.jp/
2018年6月21日(木)夕

【ナチス・ドイツ あなたなら抵抗したか】

■注目ニュース■

 今の政治、そして人々の心の有りようが第二次大戦前の1930年代に似ている--。そんな危機感を抱いた映画人の作品が相次いで公開される。もし、自分が当時生きていたら抵抗しただろうか。3本の映画から、国家に翻弄(ほんろう)される個人、差別、そして時代の空気を考えた。


▽特集ワイド:「ゲッベルスと私」 
全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために

https://l.mainichi.jp/OGZ9rn2

 <担当記者から(藤原章生)>
 映画「ゲッベルスと私」を試写室で見た時、「美しい」と思った。
103歳の元ナチス・ドイツ官僚の女性の顔だ。

 彼女の独白は独裁政権の容赦のなさ、そこに甘んじた人間のエゴイズムを伝えるが、それ以前に、彼女の深いしわ、照り返す肌、ひげのような産毛、古いメガネや首飾りに触れる時の骨ばった指先の動きまでがまるで芸術品にように見える。

 彼女の顔は、戦後の長い悲嘆、後悔、自己嫌悪、被害者意識など、言葉にできない感情がもたらしたものだろうが、それよりも何よりも、この歳まで生き抜いた人間の強さを感じざるを得ない。
 そんな個としての人間を砂粒のように扱い、大きな流れに巻き込んでいく全体主義、時代の空気の怖さを改めて感じた。記事はそんな映画3本をもとにまとめた。



Goepers-01.jpg

映画【ゲッベルスと私】 公式サイト




テーマ:ナショナリズム - ジャンル:政治・経済

【社会は実にたやすく全体主義に陥ることは歴史が証明している。】毎日新聞

2018年6月20日(水)

 毎日新聞WEB版が掲載していた、この言葉に衝撃が走ってシェアした!

【社会は実にたやすく全体主義に陥ることは歴史が証明している。】

安倍政権いや安倍晋三が発する言葉に関する記事であった。

■注目ニュース■

むなしき「安倍語」 空虚な言葉が覆う未来
 毎日新聞 - 2018年6月20日(水)


 「あなた責任取れるんですか!」。昨春、初めて国会で加計学園問題を追及した野党議員に、安倍晋三首相が発した言葉だ。それから約1年。首相は、「責任を痛感する」「うみを出す」と繰り返している。

▽特集ワイド:言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
 毎日新聞 - 2018年6月20日 東京夕刊
 https://mainichi.jp/articles/20180620/dde/012/010/009000c


 <担当記者から(吉井理記)>
 この「特集ワイド」でも安倍晋三首相の国会答弁を「安倍語」と名付け、うそと言えるような事実に反する物言いや論点のすり替え、ズレた答弁などを繰り返し問うてきた。正直、うんざりしているし、「安倍語」に付き合うために記者の仕事に就いたつもりはない、とすら思う。それでも珍奇な発言が飛び出す度、逐一付き合うしかない。

 言葉が空虚になった時、社会は実にたやすく全体主義に陥ることは歴史が証明している。



【関連記事】

作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」
日刊ゲンダイ ー 2018年6月18日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/231192








続きを読む

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

ダイヤモンド オンライン が注目すべき記事を掲載!

2018年6月19日(火)


【共産党・小池&宮本コンビがダメ野党で唯一光っている理由】
ダイヤモンド・オンライン ー 2018年6月19日 清談社
 https://diamond.jp/articles/print/172731

 不祥事続きの安倍内閣だが、追及する方の野党側も、イマイチ決定打を打てないまま。1月22日に召集された通常国会も、終盤へと差し掛かっている。だがそんな野党のなかで、唯一気を吐いているのが共産党の小池晃書記局長と宮本岳志衆議院議員のコンビだ。今国会でも、独自の調査で発掘した資料を元に、モリカケ問題で政権を揺るがす鋭い質問を連発している。2人が注目を集める理由について、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏に聞いた。
 (取材・文/清談社)

【「非現実的な理想にこだわる」悪癖は もはや過去のものに】

 理想ばかりにこだわり非現実的ーーそんな共産党のイメージを覆したのが、小池晃書記局長だ。モリカケ問題を巡る国会質問で気炎を吐いている宮本岳志衆議院議員とともに、要注目の人物である (写真:毎日新聞社/アフロ)
 共産党というと、いまだに非現実的な理想にこだわる、融通の利かない政党という印象を持っている人は多い。

 その印象は、一般の有権者に限らず、メディアや他党の国会議員も共有している。しかし鈴木氏によると、ここ数年の共産党には大きな変化があるという。

「変化のきっかけとなったのは、2015年の通常国会における安保法制の反対運動で、市民運動などと幅広く共闘したことです」(鈴木氏、以下同)

 2015年9月19日に安保法制は成立した。だがこの日の午後、共産党の志位和夫委員長は、安保法制を廃案にするための連立政権構想を模索するとともに、安倍政権打倒のため、野党間での選挙協力を呼びかけた。

「それまでのように共産党独自で今後も選挙を戦っていくのか、それとも安保法制反対で盛り上がった市民の声を受け入れて、野党各党に幅広い共闘を呼びかけるのか。共産党では、相当な議論を重ねて、後者を方針とすることを決めたようでした」

 そして、その後の選挙での動きを見ても、共産党の決断は、今に至るまで全くぶれていない。

 たとえば、共産党は16年の参院選の1人区で、香川県以外の全選挙区で候補者を取り下げた。また、昨年の衆院選でも、無所属での出馬を決めた候補の選挙区で、共産党は多くの候補者を取り下げた。この間、野党共闘を進めてきたのが、16年4月から共産党の書記局長に就任した小池晃氏だ。

「小池さんは、選挙協力の調整で、一貫して柔軟かつ現実的な対応をしてきました。その対応は、他の野党の議員が『自分たちの方が融通が利かない』とボヤくほど、腹の据わったものでした」

【他野党の新人議員が口をそろえる 「小池さんと会って話を聞きたい」】

 鈴木氏は16年の参院選後、小池氏を取材する機会があった。その時、参院選の候補者調整を枝野幸男氏(当時、民進党幹事長)と小池氏が水面下で進めた話に触れた際に、象徴的なセリフを聞いたという。

「枝野氏について『弁護士出身だけにリアリストですよね』と話を振ると、医師出身の小池氏から『いやいや、医者の方がもっとリアリストですよ』と返ってきたんです。小池氏の覚悟を感じる強烈な一言でした」

 こうした共産党の現実的な対応もあり、今、野党各党のなかで小池氏の存在感が高まっているのだ。

「実は、立憲民主党や国民民主党の新人議員はもちろん、昨年の衆院選で落選した元職のなかにも『小池さんと会って話を聞きたい』と言う人がかなり多い。そのくらい存在感があり、注目されているんです」

 小池氏と並び、もう1人、注目を集めるのが宮本岳志衆議院議員だ。今国会では、宮本氏を中心とする共産党のモリカケ問題の追及チームの活躍が目立っている。6月5日には、このチームが、財務省と国土交通省の局長が会計検査院の報告への対応について、昨年9月に協議した際のメモとされる文書を公表している。

「宮本議員は、独自の調査能力を持ち、独自の資料を元に政府を追及できる数少ない野党の議員です。かつて社会党や社民連に所属した楢崎弥之助さんを彷彿とさせる存在ですね」

【宮本岳志氏は楢崎弥之助氏に似た 現代の「国会の爆弾男」】

 楢崎弥之助氏とは、1970年代から80年代にかけて、ロッキード事件やリクルート事件の際に、国会質問を通じて数々の疑惑を暴き、「国会の爆弾男」として名をはせた人物だ。

「やはり、独自の調査を元に質問する議員は、政府側から見ても手ごわい存在。一度政権に就いたことがある民主党出身の議員は、役人に顔が利くこともあり、役所発の資料を元に質問する議員が多い。ですが、本来なら共産党のように、独自の調査力で勝負するべきなんです」

 かつて政権交代前の民主党には、様々な考えの議員が所属していた。政権交代の大義の下で、社民党や国民新党と選挙協力する柔軟さもあった。また独自の調査により、政府を鋭く追及し、有権者からの注目を集めてもいた。

「ミスター年金」と呼ばれた長妻昭氏や、耐震偽装問題を鋭く追及した馬渕澄夫氏らが代表的存在だ。

「野党が政権を取るために必要なリアリズムと独自の調査能力、この2つを共産党で体現しているのが、小池氏と宮本氏の2人。他の野党にとっても、政権交代を目指す上で参考になる議員なのではないでしょうか」

 野党各党の間で、ますます存在感を増していきそうな2人。今秋以降、安倍政権が継続してもしなくても、来年の参院選に向けての彼らの動きには要注目だ。

 #日本共産党 #小池晃 #宮本岳志 #DOL




テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

北大阪と周辺地域で震度6弱の強い地震! 原発が『異常無し』と言わなければならないって何?!

2018年6月18日(月)

北大阪と周辺地域で震度6弱の強い地震が今朝の7:58に発生!

Earthquake_OSAKA_20180618-0758_NHK.jpg
大阪で震度6弱 今後1週間程度注意を
 NHK - 2018年6月18日 14時41分


その後も余震は続いていると云う。

阪神淡路大震災の教訓から高速道路や新幹線の高架橋は補強が済み
今回の地震で倒壊したり大きく破損したりすることは無かった!

また、一部で起こった火災も延焼せずに鎮火されたようで良かった!

しかし、中規模以上の地震が発生する度に
原発が『異常無し』『放射能のモニタリングポストにも異常値無し』と
言わなければならないことこそ原発の危険性を示しているのではないか?


▽大阪震度6弱:大飯・高浜原発、もんじゅなど「異常なし」
 毎日新聞 - 2018年6月18日(速報)
https://mainichi.jp/articles/20180618/k00/00e/040/134000c

Mainichi_20180618_Ooi-Genpatshu.jpg
     関西電力大飯原発=福井県おおい町で2018年3月、
     毎日新聞 : 加古信志撮影

原発は、韓国に学んで早急に全て廃炉にして欲しい!

━━━━━━━━━━━━━
毎日新聞ニュースメール
2018年6月18日(速報)
━━━━━━━━━━━━━

▽地震:大阪府北部で震度6弱
 毎日新聞 - 2018年6月18日(速報)
https://mainichi.jp/articles/20180618/k00/00e/040/123000c


2018年6月18日(月)昼
━━━━━━━━━━━━━

被害拡大 女児ら3人死亡 大阪震度6弱

■注目ニュース■

 18日午前7時58分ごろ、大阪府を中心に強い地震が発生し、大阪市北区、大阪府高槻、枚方、茨木、箕面の各市で震度6弱を観測した。大阪市などによると、市内の高齢男性と高槻市の女児が死亡したほか、茨木市でも80代の男性が死亡。負傷者も相次いでいる。

▽大阪震度6弱:M6.1 3人死亡 壁倒れ女児下敷き
https://l.mainichi.jp/y7L1WNz

▽大阪震度6弱:月曜の朝を直撃 主要交通機関まひ
https://l.mainichi.jp/Uy217Ww

▽大阪震度6弱:首相官邸に対策室設置 菅官房長官
https://l.mainichi.jp/vwJJH6t

▽大阪震度6弱:安倍首相「政府一丸となり対応」
https://l.mainichi.jp/30l2px

▽大阪震度6弱:携帯大手3社が災害用伝言板
https://l.mainichi.jp/mMqECD1

▽大阪震度6弱:大飯・高浜原発、もんじゅなど「異常なし」
https://l.mainichi.jp/OzYK35d

▽大阪震度6弱:エレベーターの閉じ込め相次ぐ
https://l.mainichi.jp/Vna6G8x

▽大阪震度6弱:JR博多駅も混乱 会議、就活…大阪行けず
https://l.mainichi.jp/OvryxJH

▽大阪震度6弱:電話通じにくく コンビニでは通信障害も
https://l.mainichi.jp/qcLkSl9

続きを読む

テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山) - ジャンル:地域情報

原発再稼働絶対反対 【九電 原発4基体制に 玄海4号機 6年半ぶり再稼働】

2018年6月17日(日)

今日の西日本新聞朝刊の紙面では、昨日WEB記事が出ていた
玄海原発4号機の再稼働関連記事が大きく出ていた。

その記事の電子版のリンクと紙面の写メを御紹介する!


九電 原発4基体制に 玄海4号機 6年半ぶり再稼働
西日本新聞 ー 2018年6月17日(日)
http://qbiz.jp/article/135851/1/
201806171953352ce.jpg


「原発特需」の町に近づく岐路 
“寿命”40年「廃炉時代」迫る 人口減も深刻に
西日本新聞 ー 2018年06月17日06時00分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/425290
20180617195339261.jpg



2018061719533864c.jpg



20180617195339728.jpg



2018061719534371f.jpg

一方、韓国では前倒しで原発廃炉の方向を決めた! とのこと。

韓国、運転期間残る原発閉鎖へ 4基新設は白紙化
西日本新聞 ー 2018年06月16日 15時52分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/425173

【ソウル共同】
16日付の韓国各紙は、原発運営会社「韓国水力原子力(韓水原)」が南東部・慶州の月城原発1号機の早期閉鎖を決めたと伝えた。2022年まで運転可能だが、経済性に劣ると判断、前倒しで閉鎖する。設計や敷地の購入段階にある計4基の新設を白紙化することも決めた。

 脱原発を掲げる文在寅政権が既にこうした方針を打ち出していた。韓水原が15日の理事会で、いずれも日本海側に面した沿岸部に計画されている4基について、政府の脱原発政策により建設推進は不可能だと判断した。



続きを読む

テーマ:原発再稼働 - ジャンル:政治・経済

九州電力が玄海原発(4号機)を再稼働

2018年6月16日(土)

九州電力が玄海原発(4号機)を再稼働
西日本新聞 ー 2018年6月16日(土) 11時46分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/425136

 九州電力は16日午前、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)を再稼働させた。定期検査で運転を停止した2011年12月以来、約6年半ぶりの稼働。既に再稼働している川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)、玄海3号機と合わせ、九電は当面の経営目標としていた原発4基体制を整えることになる。

 午前11時、玄海原発の中央制御室で、運転員が原子炉内の核分裂を抑える制御棒を遠隔操作で引き抜いて原子炉を起動させた。17日未明には核分裂が安定的に続く「臨界」に達し、20日に発電と送電を始める予定。再稼働後も検査は続き、順調に進めば7月中旬に通常の営業運転に入る。

 瓜生道明社長は原子炉起動後、「工程にとらわれることなく安全確保を最優先に慎重に進めてまいります」とコメントを発表。佐賀県の山口祥義知事は九電に対し「緊張感を持って取り組んでいただきたい」と求めるコメントを出した。

 東京電力福島第1原発事故後、原発の長期停止による火力発電の燃料費増加で九電は経営が悪化。玄海4号機の稼働で月55億円の燃料費削減効果を見込んでおり、原発4基体制で経営改善を進める。

 全国の原発で、福島事故を踏まえた新規制基準施行後に再稼働したのは玄海4号機で9基目。運転期間の40年を超えたために対策工事を行っている3基を除けば、原子力規制委員会が新規制基準に適合していると認めた加圧水型の原発は全て再稼働したことになる。

 今後は福島原発と同じ沸騰水型の審査、再稼働が焦点となる。

 玄海4号機は5月24日にも再稼働する予定だったが、原子炉の冷却水を循環させるポンプの一部で異常が発生。緊急点検と修理作業を実施したため、工程が約3週間遅れた。

=2018/06/16付 西日本新聞夕刊=





「再生エネを主力電源に」 脱原発派が抗議集会 玄海4号機、再稼働
西日本新聞 ー 2018年06月16日12時20分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/425142

 九州電力玄海原発4号機(佐賀県玄海町)が再稼働した16日午前、原発の正面ゲート前には脱原発を訴える市民団体メンバーら約100人が集まり、「原発再稼働は絶対反対」などと抗議した。

 午前11時すぎ、再稼働の知らせが届くと、集まった人たちは一斉に「すべての原発を止めろ。最後まで諦めないぞ」とこぶしを上げて、シュプレヒコールを繰り返した。福岡高裁に運転差し止めの仮処分を求める即時抗告審を申し立てている「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団幹事長の東島浩幸弁護士は「福島第1原発事故は史上最大の公害事故。産業面でも再生可能エネルギーが主力になりつつあり、原発にさよならするべきだ」とマイクで呼び掛けた。

 原発の危険性を強調するビラを配っていた福岡市早良区の松尾栄子さん(68)は「福島の子どもたちは、人体への影響が未知の低線量被ばくにさらされ続けている。再稼働は倫理的に許されない」と語気を強めた。

 正面ゲート前には車両進入防止のバリケードが設けられ、警察官や警備員数十人が立ち並んだ。周辺道路では県警による検問も行われ、緊張感が漂った。

=2018/06/16付 西日本新聞夕刊=




テーマ:原発再稼働 - ジャンル:政治・経済

新幹線が北九州管内で人身死亡事故! ヘッドの損傷も激しく血痕も!

2018年6月15日(金)

昨日、6月14日(木)
博多発東京行きの新幹線『のぞみ176号』が最初の到着駅
小倉に入るより前に何かをはねたような衝撃を受け、
小倉駅では確認せずに、新下関駅で臨時停車させ、
頭部のカヴァーの大きな損傷と血痕らしい赤い帯を発見。

山陽新幹線、人をはねる 異常音感知も運行継続
西日本新聞 ー 2018年06月14日16時04分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/424563

2018061603303519e.jpg


沿線を調査した処、八幡西区で衣類らしい断片が、
そこから2キロくらい博多寄りの地点で人体の一部らしい
断片が発見されたとのこと。

通常入り込める所では無いようなので、意図的に線路に入って
事故死した可能性もある。

2018061603362769c.jpg

事故発生が午後2時ごろだったこともあり、大幅にダイヤが乱れ、
その後の博多から広島間の運転は終日中止になり、多くの乗客が
迷惑を被った!

人騒がせなことである。
20180616033035b05.jpg








続きを読む

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

“Denuclearization of the Korean Peninsula”

2018年6月14日(木)

北朝鮮公営の朝鮮中央通信社が、アメリカとのTOP会談の様子を伝えた。

『朝鮮半島の非核化』については、アメリカも合意しているとの見解。

実際、英文の共同声明にも“Denuclearization of the Korean Peninsula”
と書いてある。

Convinced that the establishment of new U.S.-DPRK relations will contribute to the peace and prosperity of the Korean Peninsula and of the world, and recognizing that mutual confidence building can promote the denuclearization of the Korean Peninsula, President Trump and Chairman Kim Jong Un state the following:


日本のマスメディアだけが?『北朝鮮の非核化』の部分を強調している。


北朝鮮の公営メディアである 【朝鮮中央通信社】による
『歴史的な最初の米朝TOP会談が行われた』との報道
Historic First DPRK-U.S. Summit Meeting and Talks Held
http://www.kcna.co.jp/item/2018/201806/news13/20180613-01ee.html


以下は、日経新聞による共同声明の原文紹介。

米朝共同声明の全文(英文)
 日本経済新聞 - 2018/6/12 18:06
 

Joint Statement of President Donald J. Trump of the United States of America and Chairman Kim Jong Un of the Democratic People’s Republic of Korea

at the Singapore Summit


President Donald J. Trump of the United States of America and Chairman Kim Jong Un of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK) held a first, historic summit in Singapore on June 12, 2018.

President Trump and Chairman Kim Jong Un conducted a comprehensive, in-depth, and sincere exchange of opinions on the issues related to the establishment of new U.S.-DPRK relations and the building of a lasting and robust peace regime on the Korean Peninsula. President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK, and Chairman Kim Jong Un reaffirmed his firm and unwavering commitment to complete denuclearization of the Korean Peninsula.

Convinced that the establishment of new U.S.-DPRK relations will contribute to the peace and prosperity of the Korean Peninsula and of the world, and recognizing that mutual confidence building can promote the denuclearization of the Korean Peninsula, President Trump and Chairman Kim Jong Un state the following:

1.The United States and the DPRK commit to establish new U.S.-DPRK relations in accordance with the desire of the peoples of the two countries for peace and prosperity.

2.The United States and the DPRK will join their efforts to build a lasting and stable peace regime on the Korean Peninsula.

3.Reaffirming the April 27, 2018 Panmunjom Declaration, the DPRK commits to work toward complete denuclearization of the Korean Peninsula.

4.The United States and the DPRK commit to recovering POW/MIA remains, including the immediate repatriation of those already identified.

Having acknowledged that the U.S.-DPRK summit-the first in history-was an epochal event of great significance in overcoming decades of tensions and hostilities between the two countries and for the opening up of a new future, President Trump and Chairman Kim Jong Un commit to implement the stipulations in this joint statement fully and expeditiously. The United States and the DPRK commit to hold follow-on negotiations, led by the U.S. Secretary of State, Mike Pompeo, and a relevant high-level DPRK official, at the earliest possible date, to implement the outcomes of the U.S.-DPRK summit.

President Donald J. Trump of the United States of America and Chairman Kim Jong Un of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea have committed to cooperate for the development of new U.S.-DPRK relations and for the promotion of peace, prosperity, and security of the Korean Peninsula and of the world.

DONALD J. TRUMP

President of the United States of America

KIM JONG UN

Chairman of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea

June 12, 2018

Sentosa Island

Singapore




以下は西日本新聞紙面から

20180616014727a06.jpg


20180616014726790.jpg


201806160147225ee.jpg


2018061601472343a.jpg


20180616014722478.jpg 続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

米韓軍事演習・中止を言明! 在韓米軍縮小にも含み 煽りで米軍需株が急落!

2018年6月13日(水)

 きのうの米朝TOP会談で朝鮮半島の非核化の道の入り口に立ち、
戦争では無く平和的互恵関係で米朝関係を進めて行くと云う
「共同声明」を私は大歓迎したい!

Nikkei_20180612_NKvsUS_Statement-sign.jpg
   合意文書に署名する北朝鮮の金正恩委員長(左)と
   トランプ米大統領(12日、シンガポール)=ロイター

2018061601471907d.jpg


 記者が入った冒頭の撮影では、金正恩の口数の少なさに対して、
トランプ米大統領は極めて饒舌であった。

 その饒舌さを際立たせたのは、午後5時過ぎから単独で開かれた記者会見と
それに続く記者との「一問一答」というか「一問多々答(笑)」であった。
 記者の質問の十倍位の分量で応えていたように思う。

 その中で、私が注目したのは【米韓軍事演習】を約束したことである。

米韓軍事演習、中止へ トランプ氏が会見で
 日本経済新聞 - 2018/6/12 17:51


20180616014720430.jpg


 理由は、米朝高官レベルの対話を妨げないように『対話が継続しているうちは』
軍事演習を中止するということではあるが、トランプしは軍事演習が『壮大な無駄遣い』
であることを意識的に且つ明瞭に語った。

 北朝鮮と平和の枠組みができたのに、何故軍事演習で金を浪費する必要があるか?!
と云うことであり、その考えには賛成である。

 そして、ビジネスマンらしく、軍事演習が『金喰い虫』であることを知ったからには
この無駄遣いを正して行かなければならないと宣言した。
 ただ、この部分は日本のマスメディアは余り触れたがらないようだ!

 これまでの政権は、オバマ政権も含めて、アメリカ政治を裏で支配する
軍需産業に抵抗できなかったが(オバマ大統領は試みたが挫折!)、
『アメリカファーストの独裁者』であるトランプ氏は朝鮮半島のために何で
アメリカの兵士や資金が浪費されるのか? と気が付いたようだ。

 それ故、米韓軍事演習中止だけではなく、在韓米軍の縮小さへ示唆した、とのこと。

米朝敵対解消を演出 トランプ氏は在韓米軍縮小に含み
 日本経済新聞 - 2018/6/12 18:32


 その煽りを受けて、米国軍需産業の下部が急落したと云う。

米軍需株が急落、米朝会談で東アジアの緊張緩和観測
 日本経済新聞 - 2018/6/13 7:54
 

 共同声明の英語元文を日本経済新聞 電子版が紹介している。


米朝共同声明の全文(英文)
 日本経済新聞 - 2018/6/12 18:06


Nikkei_20180612_NKvsUS_Statement.jpg
        ホワイトハウス報道担当がツイッターで公開した、
        米朝首脳会談の共同声明(ツイッター画面より)

米朝首脳会談、共同声明の全文 (日本語版)
 日本経済新聞 - 2018/6/12 22:44


米朝首脳署名式発言全文
 日本経済新聞 - 2018/6/12 18:22


米朝首脳の発言全文
 日本経済新聞 - 2018/6/12 18:22


非核化「段階別、同時行動の原則順守」 朝鮮中央通信
 日本経済新聞 - 2018/6/13 10:01


続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad